• 子どもに絵本を選ぶなら 絵本情報サイト 絵本ナビ
  • 絵本の定期購読サービス 毎月お届け 絵本クラブ
  • 子どもに本・教材を選ぶなら「まなびナビ」学ぶ喜びをお届けします
  • 子どもの「できる」をみんなで応援する できるナビ
  • 絵本引取サービス ハッピーリユースプログラム
みんなでつくる子育て百科、できるナビ by 絵本ナビ
絵本ごはんコンテスト2014   絵本ごはんコンテスト2014
  • ホーム
  • みんなのできるレシピを探す
  • レシピ募集中
  • 未就学児
  • 0・1・2歳
  • 3・4・5・6歳
  • 小学生
  • 小学1・2年生
  • 小学3・4年生
  • 小学5・6年生
  • パパ・ママ

できるナビホーム> 作文や読書感想文を書けるようになるコツは?> 感じたまま、ありのままに・・・

イチオシ

作文や読書感想文を書けるようになるコツは?のレシピ

感じたまま、ありのままに・・・

投稿者:
どんぐり8146さん(パパ・40代 宮崎県宮崎市 12歳 9歳)
公開日:
2011.09.05
感じたまま、ありのままに・・・
小学校に入学してから作文や読書感想文が苦手でした。
何をどう言う風に書いていいのか分からず困ってしまった事があります。
そんな時、小学校の先生が簡単な書き方を教えてくれました。初めは短い文章ですが、次第に書き方に工夫ができて、本を読むのもだんだん好きになってきました。
できた年齢 小学3年生
できるまでの期間 1週
必要なもの
材 料 メモ用紙、12マスノート、作文用紙
道 具 筆記用具
場 所 家庭や学校
おとうさん、おかあさんなどのお家の人や先生

ステップ1

・作文は、初めにメモ用紙に単語で構いませんので
いつ、だれと、どこで、なにを、どうした。を書きこんで行きましょう。
「日曜日」「僕と、おじいちゃん」「公園」「キャッチボール」「遊んだ」単語のかたまりを想いつくだけ制限をせずいろいろ想い浮かんだ事をかきましょう。こんな事はかかなくてもいいのでは?と想うことでも書いていきましょう。

・読書感想文は、メモ用紙に読んだ後に頭に浮かぶものをなんでもかまいませんので書きこんでいきましょう。
「ヘレンケラー」「水」「サリバン先生」

ステップ2

・作文は書いた事柄をお話を作るように並べておきましょう。
そして単語と単語をつなげる言葉をみつけましょう。
「日曜日」に「僕とおじいちゃん」とで「公園」へいきました。二人とも野球が好きなので「キャッチボール」をして「遊び」ました。

・読書感想文は浮かんだ単語をくっつけて一つのお話を作っていきます。
(あらすじではなく自分が感じたままに・・)
「ヘレンケラー」は耳も目も言葉もしゃべれなかったけど「サリバン先生」が色んなことを教えてくれて初めて「水」とお話ができました。

ステップ3

・作文は一通り文章が出来あがったら最後に「自分がどう感じたか」を書くようにしましょう。
「汗をたくさんかいたけど、おじいちゃんと遊べてとても楽しかったです」というように「気持ち」をありのまま書きましょう。

・読書感想文は一通り文章ができたら「もし自分が主人公の立場だったらどう想った、どう行動した、どうしたかった」など自分に置き換えて書きくわえてみましょう。
そして、その時の自分の素直な気持ちを書いてみましょう。
「僕がヘレンケラーだったらあんなにたくさん勉強したかな」

ステップ4

・作文、読書感想文とも共通ですが、書いた文章に誤字、脱字、「て、に、を、は」など間違いがないか声に出して読んでみましょう。
声に出すことで耳でも文章を「読む」ことになりますからね。

できるコツ・ポイント

ポイントは、文章を書く時のあらすじをしっかり身につけるためにも普段から読書などしておいた方がいいと想います。
そしてその時出逢った「言葉」などをメモするなりすると、いざ文章を書くときに役に立ちます。
また一番大切なのは、感じたままを、ありのままを、自分の気持ちを文章にすることが大切です。
それは、やがて成長して読み返す時の大切な「成長記録」にもなるからです。

できた!レポートを書く

「作文や読書感想文を書けるようになるコツは?」のおすすめレシピ

  • とにかく、思ったことをそのまま書く。

    レシピ:とにかく、思ったことをそのまま書く。 

    元国語教員です。 自分の子どもには、まだ指導したことはありませんが(笑)、ご参考までに。 教員の数だけ指導法があると思うので、その中の一つ、と思っていただけると幸いです。

    公開日:2011.09.05  By まきのすけさん (ママ・30代 神奈川県横浜市 女の子3歳 女の子0歳)

    いいね!11件 できた!レポート0件

  • おかあさんと、交換日記をしよう!

    レシピ:おかあさんと、交換日記をしよう! 

    自分が思った事を たったひとこと書くのにも、「かけない~。かけない~。」と 大泣きだった娘。   ただ、”鉛筆を持って字を書く”という事に慣れてくれれば、と始めた 母娘の交換日記でしたが、この半年で、びっくりするほど 子供の書く文章が変わってきました。

    公開日:2011.10.28  By 桜なみきさん (ママ・40代 宮城県柴田郡 女6歳)

    いいね!11件 できた!レポート0件

できるナビへようこそ

よろしければサインインしてください。

サインイン
メールアドレス
パスワード
できるラボブログ 300*100
テーマをリクエスト

知りたい・教えたいテーマのリクエスト受付中!

ご意見・ご要望

ご意見・ご要望をお聞かせください

あなたのいいね!が追加されました。
一緒にコメントを送りませんか?

(あと30文字)
  • キャンセル