• 子どもに絵本を選ぶなら 絵本情報サイト 絵本ナビ
  • 絵本の定期購読サービス 毎月お届け 絵本クラブ
  • 子どもに本・教材を選ぶなら「まなびナビ」学ぶ喜びをお届けします
  • 子どもの「できる」をみんなで応援する できるナビ
  • 絵本引取サービス ハッピーリユースプログラム
みんなでつくる子育て百科、できるナビ by 絵本ナビ
絵本ごはんコンテスト2014   絵本ごはんコンテスト2014
  • ホーム
  • みんなのできるレシピを探す
  • レシピ募集中
  • 未就学児
  • 0・1・2歳
  • 3・4・5・6歳
  • 小学生
  • 小学1・2年生
  • 小学3・4年生
  • 小学5・6年生
  • パパ・ママ

できるナビホーム> 子どもが学校で怪我した時に、先生と渡り合うコツは?> フランスの学校では

投稿者:
土筆さん(ママ・30代 兵庫県神戸市 男の子6歳 女の子4歳)
公開日:
2012.03.21
フランスの学校では
息子が学校で怪我をした時の話です。
フランスの学校なので、日本とはシステムが違うかもしれませんが、ご参考までに。
できた年齢 5歳 0ヶ月
できるまでの期間 1日

ステップ1

学校で怪我をした場合、学校の事務室へ行って証明書を出してもらいます。
既にそういう用紙が存在していて、日付と怪我の内容、怪我した場所を記入してもらい、学校の印鑑を押してもらいます。

ステップ2

その証明書を持って、かかりつけのお医者さんに怪我の様子を診ていただきます。

ステップ3

全児童、学校の傷害保険に入っていますので、医師の診断書とかかった費用明細書を学校に提出すれば、費用は保険でカバーされるかと思います。
(うちは歯医者で診て貰ったのですが、大したことじゃなかったので、学校での手続きはしませんでした)

ステップ4

先生の不注意で怪我してしまっても、先生を責める前に、このように淡々と事務処理をして様子を見た方がいいかと思います。

できた!レポートを書く

できるナビへようこそ

よろしければサインインしてください。

サインイン
メールアドレス
パスワード

このレシピいいね!のコメント

できるラボブログ 300*100
テーマをリクエスト

知りたい・教えたいテーマのリクエスト受付中!

ご意見・ご要望

ご意見・ご要望をお聞かせください

あなたのいいね!が追加されました。
一緒にコメントを送りませんか?

(あと30文字)
  • キャンセル