• 子どもに絵本を選ぶなら 絵本情報サイト 絵本ナビ
  • 絵本の定期購読サービス 毎月お届け 絵本クラブ
  • 子どもに本・教材を選ぶなら「まなびナビ」学ぶ喜びをお届けします
  • 子どもの「できる」をみんなで応援する できるナビ
  • 絵本引取サービス ハッピーリユースプログラム
みんなでつくる子育て百科、できるナビ by 絵本ナビ
絵本ごはんコンテスト2014   絵本ごはんコンテスト2014
  • ホーム
  • みんなのできるレシピを探す
  • レシピ募集中
  • 未就学児
  • 0・1・2歳
  • 3・4・5・6歳
  • 小学生
  • 小学1・2年生
  • 小学3・4年生
  • 小学5・6年生
  • パパ・ママ

できるナビホーム> 離乳食をたくさん食べてくれるようになるコツは?> 食材・味付・堅さ・雰囲気・食器の材質にこだわって

離乳食をたくさん食べてくれるようになるコツは?のレシピ

食材・味付・堅さ・雰囲気・食器の材質にこだわって

投稿者:
ファニーママさん(ママ・30代 大阪府河内長野市 女の子4歳 女の子1歳)
公開日:
2011.12.07
赤ちゃんの味覚は大人よりも繊細です。
私はこの5つを念頭に置いて離乳食をすすめていました。
この5つのうち1つが欠けるくらいなら食べてくれたのですが、2つ欠けると食が進みませんでした。
できた年齢 ママ
できるまでの期間 1ヵ月

ステップ1

食材について。

娘は実家の家庭菜園で育った無農薬の白菜なら食べるのに、スーパーで買った白菜は食べずに吐き出していました。白菜は淡白な味なので、素材そのものの良さがわかりやすいようでした。それ以降はスーパーでも無農薬や有機栽培の物を選ぶようにしています。
また、魚やお肉も冷凍を解凍して売っているものは食べれなかったので、地元の魚屋さんやお肉屋さんで鮮度の良いものを買っています。

ステップ2

味付について。

離乳食の基本はお出汁の旨さで薄味をつけることです。
昆布出汁で作るお味噌汁やおつゆは娘の大好物でした。
昆布を一晩水に付けておくだけの簡単出汁なので、急がしいお母さんにもオススメします。

ステップ3

堅さについて。

堅さは意外にも重要でした。
子どもは柔らかければ柔らかい程食べやすいと思い、全ての野菜をクタクタに煮込んでいた時期があったのですが、クタクタの野菜は野菜本来の味が抜けてしまっている事もあり食が進みませんでした。
長女は離乳食の本に載っている堅さに合わせて作ると食が進んだのですが、歯が生えるのが早かった次女は気持ち堅めの歯ごたえのあるものが好みだったようです。
次女は1歳前後から幼児食と同じ堅さの根菜を喜んで食べています。

ステップ4

雰囲気について。

大人と一緒で子どもも食卓の雰囲気で食欲が変わるようです。家族が集い、ニコニコと会話をすることが一番です。
それに加えて、子ども専用のお気に入りの食器とランチョンマットを用意しています。

ステップ5

食器の材質について。

赤ちゃん用の食器はプラスチック素材のものが多いのですが、大人が使ってみると予想以上に味気ないものです。
一度、プラスチックのコップでお茶を飲んでみてもらうとわかると思います。

全ての食器を陶磁器に変えるのには勇気が要りますが、お椀とグラスは赤ちゃん用ではなく子ども用を使ってみて下さい。
左のスプーンは赤ちゃんが握りやすいように出来ていて良いのですが、口当たりで考えると金属のものが良いようです。

できるコツ・ポイント

離乳食期のお母さんは、赤ちゃんのためを思って色々なことにこだわっていると思います。
ステップ3とステップ5は私が思っていた以上に重要であり、周りのお母さんも余り気にしていなかったところでした。
離乳食を食べる量が増えずに困っているお母さんがいたら、是非試してみて欲しいと思います。

できた!レポートを書く

「離乳食をたくさん食べてくれるようになるコツは?」のおすすめレシピ

  • 大人のとりわけでOK

    レシピ:大人のとりわけでOK

    我が家の三男坊、食いしん坊で、1歳4ヶ月の今、何でも食べます。我が家は野菜中心、雑穀を取り入れた食事なので、子供も野菜はよく食べます。大人の食事から野菜をとりわけ、小さくカットして食べさせます。 野菜中心なので、卵や肉、牛乳を使わず、アトピーの子でも安心のこの本が役に立ちます。

    公開日:2012.01.12  By トムの庭さん (ママ・40代 青森県十和田市 男14歳 男11歳 女8歳 男1歳)

    いいね!4件 できた!レポート0件

  • 発達の段階ごとに、味も食感も工夫。

    レシピ:発達の段階ごとに、味も食感も工夫。

    人間の体の中で、一番成長が遅いのは「舌」なのだそうです。 一番はじめに発達するのは、「甘み」を感じる部分。 体に必要なエネルギーの摂取のために。 嚥下機能もまだまだ未発達なので、滑らかさも足してあげます。

    公開日:2011.10.20  By ローサさん (ママ・40代 埼玉県戸田市 男の子 男の子)

    いいね!3件 できた!レポート0件

できるナビへようこそ

よろしければサインインしてください。

サインイン
メールアドレス
パスワード
できるラボブログ 300*100
テーマをリクエスト

知りたい・教えたいテーマのリクエスト受付中!

ご意見・ご要望

ご意見・ご要望をお聞かせください

あなたのいいね!が追加されました。
一緒にコメントを送りませんか?

(あと30文字)
  • キャンセル