• 子どもに絵本を選ぶなら 絵本情報サイト 絵本ナビ
  • 絵本の定期購読サービス 毎月お届け 絵本クラブ
  • 子どもに本・教材を選ぶなら「まなびナビ」学ぶ喜びをお届けします
  • 子どもの「できる」をみんなで応援する できるナビ
  • 絵本引取サービス ハッピーリユースプログラム
みんなでつくる子育て百科、できるナビ by 絵本ナビ
絵本ごはんコンテスト2014   絵本ごはんコンテスト2014
  • ホーム
  • みんなのできるレシピを探す
  • レシピ募集中
  • 未就学児
  • 0・1・2歳
  • 3・4・5・6歳
  • 小学生
  • 小学1・2年生
  • 小学3・4年生
  • 小学5・6年生
  • パパ・ママ

できるナビホーム> うんち・おしっこのタイミングを自分で知らせることができるようになるコツは?> まずは母親がサインを見つけてあげる

投稿者:
ファニーママさん(ママ・30代 大阪府河内長野市 女の子3歳 女の子0歳)
公開日:
2011.10.13
まずは母親がサインを見つけてあげる
子どもの「排泄のサイン」を親が見つけて、トイレに誘ってあげられるのがポイントだと思います。

最初はトイレで出来なくても、出た直後にオムツを変えることから始めてみませんか?
できた年齢 2歳 3ヶ月
できるまでの期間 6ヵ月

ステップ1

子どもの排泄のサインを見つけます。

娘の場合、「おしっこは股を触る、うんちは机やイスを持って踏ん張る」でした。

「いないいないばあ」のうーたんは「お腹むずむず」と言っているので、
そう感じる子も多いのかも知れません。

ステップ2

次に「排泄直後にオムツを交換する」ことを始めます。

今のオムツは性能が良いので、大人の都合で交換してもかぶれたりはしませんが、
「排泄後にスッキリ」を教えてあげます。

その時、「おしっこ出てスッキリしたね!」など声かけを忘れずに。
この繰り返しで「出た!」といえるようになります。

ステップ3

次にトイレで出来ることと平行して「出る前に自分で知らせる」を身につけます。

娘はうんちの方が先に言えたのですが、そこは個人差があるようです。

踏ん張っている隙に補助便座に座らせたり、言えたけどオムツに出ちゃったり、
そんな繰り返しでいつの間にか言えるようになりました。

ステップ4

最初は「おしっこ出る!(3秒)出た!!!」となりがちなのですが、
「もうちょっと早めに言いなさい」と叱らずに「言えたこと」を誉めてあげてください。

十分誉めたあとで「もうちょっと早くいえたらトイレで出来たね。惜しかったね!」
と励ましてあげてくださいね。

できた!レポートを書く

できるナビへようこそ

よろしければサインインしてください。

サインイン
メールアドレス
パスワード
できるラボブログ 300*100
テーマをリクエスト

知りたい・教えたいテーマのリクエスト受付中!

ご意見・ご要望

ご意見・ご要望をお聞かせください

あなたのいいね!が追加されました。
一緒にコメントを送りませんか?

(あと30文字)
  • キャンセル