• 子どもに絵本を選ぶなら 絵本情報サイト 絵本ナビ
  • 絵本の定期購読サービス 毎月お届け 絵本クラブ
  • 子どもに本・教材を選ぶなら「まなびナビ」学ぶ喜びをお届けします
  • 子どもの「できる」をみんなで応援する できるナビ
  • 絵本引取サービス ハッピーリユースプログラム
みんなでつくる子育て百科、できるナビ by 絵本ナビ
絵本ごはんコンテスト2014   絵本ごはんコンテスト2014
  • ホーム
  • みんなのできるレシピを探す
  • レシピ募集中
  • 未就学児
  • 0・1・2歳
  • 3・4・5・6歳
  • 小学生
  • 小学1・2年生
  • 小学3・4年生
  • 小学5・6年生
  • パパ・ママ

できるナビホーム> 数を数えられるようになるコツは?> 歌の様に覚える→概念を理解する→数えられる

数を数えられるようになるコツは?のレシピ

歌の様に覚える→概念を理解する→数えられる

投稿者:
ファニーママさん(ママ・30代 大阪府河内長野市 女の子4歳 女の子1歳)
公開日:
2011.12.02
数字に興味を示し始めた頃に紙に書いた数字を見せながら「これは2」「これは3」と教えてみたのですが、イマイチ覚えが芳しくありませんでした。
視点を変えて、まずは数字を歌のように覚える→数の概念を理解する→ものの数を数えられるというステップで教えました。
できた年齢 3歳 10ヶ月
できるまでの期間 半年

ステップ1

1から10までを歌のように覚える。

関西圏ではお馴染みの節なのですが、音符にしてみると以下のとおりです。

イチ(レド)
ニー(ラ(下のラ)ド)
サン(レー)
シー(ドー)
ゴー(レー)
ロク(レド)
シチ(レド)
ハチ(レド)
クー(レー)
ジュウ(ドー)

節を付けることによって、子どもは覚えやすいようです。お風呂で「10数えて出ようね」と毎日数えさせていました。

ステップ2

数の概念を教える。

数字は「歌詞」ではなく、ひとつひとつに意味があることを教えました。違ったものを数えるよりも同じものを数える方がわかりやすかったようです。我が家では同じ形のつみきで「イチ、ニー、サン」と数えさせました。

ステップ3

次に形が違うもの、色が違うものでも数える時は「イチ、ニー、サン」であることを感覚的に教えました。

我が家では色や形の違ったレゴを使って教えました。最初は「赤がイチ」「黄色がイチ」と分けて数えていましたが、親が全て混ぜて数えることで色や形が違っても数えられるようになりました。

ステップ4

次に更に違った形のものでも数えられるようにアンパンマンの指人形やシルバニアファミリーの人形を使って遊びました。

ステップ5

ここまで理解出来ると、何でもかんでも数えたがるようになりました。みかんをむいて「いくつ入ってた~」、お皿のぶどうをみて「いちー、にー、さん…」など毎日数えていました。

ステップ6

10までは数えられるようになった娘ですが、11以降は「13、18、16、20~」と適当…しかし、11ぴきのねこシリーズを知ってからは「11、12、13…」と数えられるようになりました。視もヒトケタが増えていくことが感覚的に理解出来たようです。
特に「11ぴきのねこどろんこ」の中できょうりゅうの背中にねこが乗るシーンはお気に入りで、毎回「1、2、3…」と数えています。

ステップ7

お友達は「イチ、ニー、サン」ではなく「1人、2人、3人」と数えることをはじめ、「ひとつ、ふたつ、みっつ」「いっこ、にこ、さんこ」など日本語って本当に難しいです。そこに関しては勉強として教えるのではなく、絵本や会話の中で自然と身につけていって欲しいと思っています。

できるコツ・ポイント

娘は数を数えられるようになる前に「これとこれは色が違う」「形が違う」と他の事に目が行って、中々上手に出来るようになりませんでした。そこで、色々なものを使って数えさせる事で感覚的に身につけさせるように努めました。
お勉強として取り組むのではなく、積み木を使った後は積み木でお家を作って遊ぶなど「遊びの中に取り入れる」ことを心がけました。

できた!レポートを書く

「数を数えられるようになるコツは?」のおすすめレシピ

  • 好きなもので

    レシピ:好きなもので 

    興味を持ったときに 好きな物を使って覚える。 お気に入りの怪獣やミニカーでもいいけれど 好きなおやつでの数かぞえは  遊び感覚で出来るので チビ本人も夢中に。  

    公開日:2011.10.11  By モーティさん (ママ・40代 静岡県田方郡)

    いいね!3件 できた!レポート0件

  • 数えられることと数量を理解すること

    レシピ:数えられることと数量を理解すること

    声に出して1から100まで数えることと 数字を読めるようになることと 本当の数量の意味を理解すること この3つのステップができて数をマスターすることができるように思います。100玉そろばんと数カードとことあるごとに数える作戦で取り組んでいます

    公開日:2011.09.01  By らずもねさん (ママ・30代 東京都※ 男の子2歳 男の子0歳)

    いいね!0件 できた!レポート0件

できるナビへようこそ

よろしければサインインしてください。

サインイン
メールアドレス
パスワード
できるラボブログ 300*100
テーマをリクエスト

知りたい・教えたいテーマのリクエスト受付中!

ご意見・ご要望

ご意見・ご要望をお聞かせください

あなたのいいね!が追加されました。
一緒にコメントを送りませんか?

(あと30文字)
  • キャンセル