• 子どもに絵本を選ぶなら 絵本情報サイト 絵本ナビ
  • 絵本の定期購読サービス 毎月お届け 絵本クラブ
  • 子どもに本・教材を選ぶなら「まなびナビ」学ぶ喜びをお届けします
  • 子どもの「できる」をみんなで応援する できるナビ
  • 絵本引取サービス ハッピーリユースプログラム
みんなでつくる子育て百科、できるナビ by 絵本ナビ
絵本ごはんコンテスト2014   絵本ごはんコンテスト2014
  • ホーム
  • みんなのできるレシピを探す
  • レシピ募集中
  • 未就学児
  • 0・1・2歳
  • 3・4・5・6歳
  • 小学生
  • 小学1・2年生
  • 小学3・4年生
  • 小学5・6年生
  • パパ・ママ

できるナビホーム> 話す言葉(語彙)を増やすコツは?> 絵本の力を信じて続けよう

話す言葉(語彙)を増やすコツは?のレシピ

絵本の力を信じて続けよう

投稿者:
ガーリャさん(ママ・40代 静岡県*** 女の子7歳)
公開日:
2011.09.12
絵本の力を信じて続けよう
即結果に結びつくものを求める傾向が強い現代ですが、
絵本は子どもの5年後、10年後、
あるいは、もっと先の将来を決める大きな力をもっています。
できた年齢 小学1年生
できるまでの期間 6年

ステップ1

絵本の読み聞かせをしている時間は、ただただしあわせで、
子どもの語彙や学力など、気にも留めていませんでした。

子どもが喜んでくれるから・・・、自分が心から楽しいと思えるから・・・、
そう思って、毎日毎日絵本の読み聞かせを続けてきました。

日本語を話すのは私だけ、という環境の中で、子どもを育て、
日本語学校に通わせたわけでも、特別な教育をしたわけでもなく、
気がつくと、子どもの語彙や表現力が驚異的に伸びていたのは、
絵本の力以外にありません。

ステップ2

毎日の生活の中に、絵本の存在が、まるで空気と同じようにあり、
何かを見たり、経験したりすると、
子どもの口からも自然と、絵本の世界と結びつく言葉が出てきます。

そこからまた話が広がり、いろんなことを親子で語り合いながら、
絵本を通して、「言葉」も共有してきたように感じています。

それは、決して、ドリルや塾で習った言葉ではないんですね。

本当に純粋に、絵本の世界から、そして、親子の会話から生まれた言葉です。

ステップ3

絵本で、難しい言葉がでてきたときには、
さらっと、「これは、こういう意味だよ」と、
あくまでもさり気なく付け足します。

子どもは、何度も読んでいるうちに、
その言葉を自然と自分のものとして使うようになります。

そうやって、1つ1つ、語彙が増えていくんですね。

できるコツ・ポイント

自分自身が絵本に夢中になること! 
親が楽しんでしていることは、必ず子どもにも伝わります。

できた!レポートを書く

「話す言葉(語彙)を増やすコツは?」のおすすめレシピ

  • 会話のキャッチボール!!

    レシピ:会話のキャッチボール!!

    2歳くらいの時は、言葉が少なかった息子。 幼稚園の3歳児クラスに入って、語彙が増えました。 私の失敗談からの結論です。

    公開日:2011.09.12  By みっちー77さん (ママ・30代 愛知県名古屋市 男7歳 女4歳)

    いいね!2件 できた!レポート0件

  • 良書です。

    レシピ:良書です。

    「ことばのべんきょう」という4冊セットの本です。 わたしも子供のころによみました。 今大人が読んでもことばって大事だなと感じてしまします。

    公開日:2013.11.14  By らずもねさん (ママ・30代 東京都練馬区 男の子6歳 男の子4歳)

    いいね!0件 できた!レポート0件

できるナビへようこそ

よろしければサインインしてください。

サインイン
メールアドレス
パスワード
できるラボブログ 300*100
テーマをリクエスト

知りたい・教えたいテーマのリクエスト受付中!

ご意見・ご要望

ご意見・ご要望をお聞かせください

あなたのいいね!が追加されました。
一緒にコメントを送りませんか?

(あと30文字)
  • キャンセル