• 子どもに絵本を選ぶなら 絵本情報サイト 絵本ナビ
  • 絵本の定期購読サービス 毎月お届け 絵本クラブ
  • 子どもに本・教材を選ぶなら「まなびナビ」学ぶ喜びをお届けします
  • 子どもの「できる」をみんなで応援する できるナビ
  • 絵本引取サービス ハッピーリユースプログラム
みんなでつくる子育て百科、できるナビ by 絵本ナビ
絵本ごはんコンテスト2014   絵本ごはんコンテスト2014
  • ホーム
  • みんなのできるレシピを探す
  • レシピ募集中
  • 未就学児
  • 0・1・2歳
  • 3・4・5・6歳
  • 小学生
  • 小学1・2年生
  • 小学3・4年生
  • 小学5・6年生
  • パパ・ママ

できるナビホーム> 「ちょうだい」と言われて持っている物を渡すことができるようになるコツは?> 最初は渡してくれたものを即返すこと

「ちょうだい」と言われて持っている物を渡すことができるようになるコツは?のレシピ

最初は渡してくれたものを即返すこと

投稿者:
ファニーママさん(ママ・30代 大阪府河内長野市 女の子3歳 女の子0歳)
公開日:
2011.09.14
最初は渡してくれたものを即返すこと
自分の手に持っているものを渡すというのは、手の動きとしても難しいのですが、同じ位心の成長が必要だと思います。

最初は親が「どうぞ」することからはじめ、次に「ちょうだい」と言って見ます。

渡してくれたものは即返してもらえると分かると、楽しい遊びに参加してくれるようになります。
できた年齢 0歳 10ヶ月
できるまでの期間 2ヵ月

ステップ1

自分で持ったものを自分の意志で離せる様になった時期がはじめ時です。

柔らかい玩具よりも固めの玩具、四角いものよりも丸いものが離しやすいようでした。

我が家ではボールプール用のボールを使いました。

慣れてくると色々な玩具を掴んだり離したりするようになります。

ステップ2

最初は親が「どうぞ」と言いながら玩具を渡します。

「どうぞ」を喜んで受け取ってくれるようになれば、次は「ちょうだい」です。

「ちょうだいね」と言って持ったいる玩具を渡せたら、すぐに「どうぞ」で戻してあげます。

「ママはすぐに返してくれる」と安心すると、この遊びを楽しめるようでした。

ステップ3

少し慣れてくれば、「どうぞ」「ありがとう」「ちょうだい」の長さを延ばしていきます。

この遊びを続けていくと、自分で「どうぞ」「ちょうだい」と言いながら遊べるようになっていきます。

できた!レポートを書く

「「ちょうだい」と言われて持っている物を渡すことができるようになるコツは?」のおすすめレシピ

  • 遊びの延長で♪♪♪

    レシピ:遊びの延長で♪♪♪

    パパとママで「ちょうだい」「どうぞ」を繰り返していたら、 娘も輪に入ってきました♪♪♪ 赤ちゃんにとっては遊びの一種なんですよね♪♪♪

    公開日:2011.09.20  By まりももよさん (ママ・30代 愛知県半田市 女1歳)

    いいね!0件 できた!レポート0件

できるナビへようこそ

よろしければサインインしてください。

サインイン
メールアドレス
パスワード
できるラボブログ 300*100
テーマをリクエスト

知りたい・教えたいテーマのリクエスト受付中!

ご意見・ご要望

ご意見・ご要望をお聞かせください

あなたのいいね!が追加されました。
一緒にコメントを送りませんか?

(あと30文字)
  • キャンセル