• 子どもに絵本を選ぶなら 絵本情報サイト 絵本ナビ
  • 絵本の定期購読サービス 毎月お届け 絵本クラブ
  • 子どもに本・教材を選ぶなら「まなびナビ」学ぶ喜びをお届けします
  • 子どもの「できる」をみんなで応援する できるナビ
  • 絵本引取サービス ハッピーリユースプログラム
みんなでつくる子育て百科、できるナビ by 絵本ナビ
絵本ごはんコンテスト2014   絵本ごはんコンテスト2014
  • ホーム
  • みんなのできるレシピを探す
  • レシピ募集中
  • 未就学児
  • 0・1・2歳
  • 3・4・5・6歳
  • 小学生
  • 小学1・2年生
  • 小学3・4年生
  • 小学5・6年生
  • パパ・ママ

できるナビホーム> 木琴(もっきん)や太鼓(たいこ)をたたく事ができるようになるコツは?> まずは挑戦!

投稿者:
kayamoさん(ママ・40代 東京都○○市 女5歳)
公開日:
2011.12.16
子供は音のでるおもちゃが大好きです。
どんな音が好きなのか、子供の反応を見ながら一緒に遊ぶと盛り上がります。

音が出るとわかれば、確実にさわってみようとするので、まず、どんな音がでるか、親が実演してみましょう。
できた年齢 3歳 10ヶ月
できるまでの期間 2年
必要なもの
道 具 いろいろな音のでるおもちゃ
場 所 大きな音を立てても大丈夫な場所
パパ、ママ、先生

ステップ1

子供は音のでる物には、興味を示します。
音のでるオモチャは、どんなものも試そうとします。
まずは、どんな音がでるのか、パパやママが実演してあげて、その後、子供に挑戦してもらいましょう。

ステップ2

木琴は、バチを使わなければいけないので、ある程度物を握る力が付かないと、遊びにくいかもしれません。
持ちやすい軸の太いバチのついているものを選ぶのがオススメです。

太鼓は、手でたたいても充分面白いおもちゃなので、好きなように遊ばせて大丈夫だと思います。

ステップ3

音のでるオモチャの難点はうるさいこと。
やはり遊ぶ場所や時間は配慮が必要でしょう。

我が家では、音の出るオモチャで遊ぶのは昼間だけにしていました。
あとは、近所のプレイスペースや保育園など、音を出しても大丈夫な場所で遊ぶようにしていました。

また、音が出る絵本の中には、たいこをたたく絵本も沢山あります。
音の出る絵本は、音楽にあわせてリズムをとることができるのが、楽しいようで、娘には好評でした。

親の立場からすると収納に場所をとらないのも魅力です♪

ステップ4

おもちゃだけでは飽き足らなくなったら、本格的な楽器にさわれる機会を作って、子供の好奇心を刺激してあげるのもオススメです。

子供向けの施設の中には、いろいろな楽器を実際にさわれる場所があります。
例えば、静岡県浜松市にある楽器博物館(http://www.gakkihaku.jp/jyousetu/index.html)では、本格的なドラムセットや、民族楽器など、さまざまな楽器を子供が実際に体験することができます。
ここで娘はドラムセットに大喜びで挑戦していました。

できるコツ・ポイント

音の出る楽器は、子供が楽しく遊べる環境さえを作ってあげれば、あとは自分たちで好きなように楽しんでくれる筈です。
打楽器ならば尚更です。
親は、きっかけ作りだけして、あとは、子供と一緒に思いっきり遊びましょう!

できた!レポートを書く

「木琴(もっきん)や太鼓(たいこ)をたたく事ができるようになるコツは?」のおすすめレシピ

  • 手で叩けるようになれば、バチを持たせてみて

    レシピ:手で叩けるようになれば、バチを持たせてみて

    まずは簡単に音を出せる「音の出る絵本」の太鼓を手で叩くことを楽しみ、バチで叩く楽器に進んでいけばよいと思います。 木琴、太鼓の前に鈴やカスタネット、タンバリンもお勧めします。 子どもは意外と音に敏感なようで、キャラクター玩具の楽器や100均の楽器よりも本当の楽器を好みます。

    公開日:2012.02.08  By ファニーママさん (ママ・30代 大阪府○○市 女の子4歳 女の子1歳)

    いいね!0件 できた!レポート0件

できるナビへようこそ

よろしければサインインしてください。

サインイン
メールアドレス
パスワード
できるラボブログ 300*100
テーマをリクエスト

知りたい・教えたいテーマのリクエスト受付中!

ご意見・ご要望

ご意見・ご要望をお聞かせください

あなたのいいね!が追加されました。
一緒にコメントを送りませんか?

(あと30文字)
  • キャンセル