できるナビ 2014/09/10発行
できるナビ
投稿数:2,832件
あなたとお子さんを応援する「できるナビ」のメールマガジン。
子育てがもっと楽しくなる
とっておきの「できるレシピ」をお届けします。

中秋の名月だった9月8日。あいにくの曇り空に隠れてしまった月ですが、昨日は。
「さぁ、お布団に入ろう」カーテンを閉めようとしたその時、見上げればまんまる明るいお月様の顔に子ども達と大喜び。おだんごもススキの飾りもないけれど、夜空に浮かぶ月を静かに眺めるだけで、なんだか穏やかな気分になるから、不思議です。

さて今回は、スポーツの秋。鉄棒のやかけっこ、跳び箱etcなどのコツをご紹介します。初めて挑戦する子も、ちょっと苦手意識を持っている子も。外で体を動かすのが気持ちいいこの季節、親子で一緒にチャレンジしてみませんか。
最後までお楽しみくださいね。

…目次…………………………………………………………………………………
◇ 今週のイチオシ!レシピ
◆ プロの「子育てのコツ」
◇ 教えて!レシピ募集中
◆ 編集後記

…………………………………………………………………………………………
今週のイチオシ!レシピ
【編集部より】まず逆上がりの基本となる、体を支える腕の力を鍛えます!ママ鉄棒やぶら下がり、豚の丸焼き・・・はて、「うめぼし」って・・・?わが子の成長を楽しみながらのステップです♪
3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4
娘が通う幼稚園は体力作りに力を入れています。 逆上がり、縄跳びは卒園するまでにみんなできるようになるためにがんばっています。 そんな幼稚園の「逆上がりができるようになるための技」を載せますね。 娘は足の力が弱いせいか上半身の力が強く、すぐ逆上がりができるようになりました。
by ぽこさんママさん(ママ・40代 長野県長野市 女の子4歳)
【編集部より】逆上がりの練習にタオル?!これがかなりの効果、わが家の息子もこれでできるようになりました!汗拭きにもなって一石二鳥(笑)、まずは・・・お試しあれ!
3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4
うちの子どもたちも苦労しました。 タオルを使って逆上がりする方法を幼稚園に週数回来ている体育教室の先生に教わって、実際に家庭でもやってみました。
by もも77さん(せんせい・30代 京都府京都市 女の子14歳 男の子10歳)
【編集部より】初めてチャレンジするお子さんのは「クルンと回るのがこわい」。だからまず基本の「つばめのポーズ」をマスターしましょう!段階を踏んだステップなら、子どもも無理なく取り組めます。
3〜6歳 / 小1・2
前回りのやり方を上手に説明できず、とりあえず最初から最後まで親が抱えてまわしていました。 が、幼稚園で次の4つのステップをふんだ前回りの方法を教えてもらうとあっという間に前回りができるように。 指示が具体的なので親も教えやすかったです。
by 夜の樹さん(ママ・30代 北海道札幌市 女の子3歳)
【編集部より】最初は持った縄を回転させず、ひたすら走るだけ・・・これで、ホントに?!できたレポートもたくさんついたこ目からウロコの縄跳び習得法、こんなに簡単だったなんて!
3〜6歳 / 小1・2
運動が苦手だったわたし…ところが縄跳びだけは得意中の得意。 そんな私の練習方法を思い出しながらお知らせします♪
by マチューさん(その他の方・30代 埼玉県さいたま市)
【編集部より】まずはお布団の上で遊びながら始めてみましょう。くるくる、ゴロゴロ、高い高いー!子どもとの体を使ったコミュニケーションは、大人の運動不足解消にも!?
3〜6歳 / 小1・2
畳に布団を敷いていると必ず寄って来て布団の上に乗る息子。 じゃれあいながら少しずつステップアップするとキャッキャと笑いながら「もう一回、もう一回」と催促。 楽しみながら、でんぐり返しが出来る様になりました。
by ハピハピかずママさん(ママ・40代 福岡県福岡市 男2歳)
【編集部より】うんていで肝心な腕の力を鍛えるための方法はいろいろ!家の中で毎日楽しくできる練習法が、苦手意識も克服してくれそうです。そしてさらに重要なのが・・・。
3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4 / 小5・6
まず、自分の体を支える手の力をつけることと、 少しの勇気が大事。 初めからうんていで練習すると怖さが増幅するので、 @くま歩き Aコアラ抱っこ B鉄棒ぶら下がり を家でして腕の筋力アップ  しましょう。 そして  C最適なうんていを探し出し D公園で練習 しました。
by らずもねさん(ママ・30代 東京都練馬区 男の子5歳 男の子2歳)
【編集部より】腕と足を同時に使うのぼり棒、最初はちょっとハードルが高いですよね。全然のぼれないとき、少しのぼれるようになったとき・・・大人のサポートも少しずつステップアップ。
3〜6歳 / 小1・2
ムスメが3歳の時に通っていた幼児の体操教室で実践していたことです。 その頃のムスメは中肉中背で、運動神経が特に悪いというわけでも良いと言う訳でもない頃の話です。 最初は全然出来なかったムスメですが数ヶ月で棒を登れる様になり、今では幼稚園にある竹を登る事を楽しむ程になっています。
by ポコ98さん(ママ・30代 神奈川県横浜市 女の子5歳 男の子2歳)
その他の新着レシピをみる >>
プロの「子育てのコツ」
【編集部より】いきなり挑戦してもちゃんと飛べない・・・それもそのはず。手と足を違うタイミングで動かす複雑な動きがある縄跳びは、子どもにとってはちょっと難しいんだそうです。そこで!子ども向けスポーツ事業を全国展開しているスポーツデータバンクさんに伝授いただいた、縄跳びができるようになる3ステップの練習法をご紹介します。パソコンで動画の解説もご覧になれます。

プロのコツ

スポーツデータバンク

3〜6歳 / 小1・2

by スポーツデータバンク さん

プロのコツ

スポーツデータバンク

3〜6歳 / 小1・2

by スポーツデータバンク さん

プロのコツ

スポーツデータバンク

3〜6歳 / 小1・2

by スポーツデータバンク さん

その他のプロが教える子育てのコツをみる >>
教えて!レシピ募集中
できるナビからのリクエスト
パパ・ママ
運動会の楽しみのひとつといえば、青空の下、家族みんなで食べるお昼ごはん。豪華でおいしいお弁当にやる気も力もさらにモリモリ!ママの努力も報われますが…実は早起き、バタバタ朝の涙ぐましい下準備が。 忙しい朝、楽チンだけど子どものやる気が出る運動会お弁当を作るコツやアイデア、教えてください!
できるナビからのリクエスト
0〜2歳 / 3〜6歳
小さい子は言葉でのコミュニケーションが未熟。お友達とのケンカになると、どうしても先に手が出てしまいます。相手にケガをさせないかと、見ているパパ・ママはハラハラドキドキ。 お友達とのケンカで手を出さないようになるために、何かいい方法はありますか?
リクエストはできるナビから! >>
「パパたちのホンネ」

スーパーへ買い物に行く車の中。助手席に座りながら隣の夫に聞いてみました。
「昨日はパパさんたち、盛り上がっていたねー。」
子どもが所属するボーイスカウト活動、昨晩は家族ぐるみの懇親会があったのでした。何となくママチーム、パパチームに分かれておしゃべりに花が咲くなか、特に話し込んでいた●●さんとわが家の夫。一体どんな話が繰り広げられていたんだろ。
「●●さんがさ、「どうしてオレ、夜遅く疲れて帰って食器洗いしなくちゃならないのかなぁ」って、ため息つきながら話すから、聞いてたんだ」
●●さんの奥さんは、上の子が小学生になったこの4月から週4で働き始めたとは聞いていました。今度、働くママがどうやって家の中を回せばいいのか教えて〜、なんて言われていたけれど、むしろ私がアドバイスしてほしいくらい。
●●さんの方も、同じ境遇の夫にポロポロと気持ちを吐いていたようです。
「甘い、甘いなぁ、●●さん。それでパパは、なんて応えたの?」
「うん、まぁ・・・仕方ないよね、って。」

仕方ない。
その言葉を耳にし、共働き歴7年目にして未だにそんなことを!と内心イラっとしたのもホントだけれど、でも夫にしてみると・・・それがホンネ、なのでしょう。

仕事が遅く、平日の夜はほとんど家にいないわが家の夫、帰宅時間も23時を過ぎる毎日。仕事→お迎え&帰宅→夜ごはん&お風呂→バタンキューの私は、夫の帰宅時には子どもたちと夢の中。取り置きしておいた夜ごはんを、一人温めて食べています。
それはそれでわが家の生活の中で確立してきたスタイルなのですが、問題はその後。
朝一番に起きて朝食の準備にキッチンに立つと、まず目にしなくちゃならないのはシンクの中の汚れた夫の食器とお昼ごはんのお弁当箱。軽く水洗い、なんて気を利かせた痕跡は微塵もない、洗い桶に浮かんだ油汚れ、そして夏の時期は鼻に付くにおい。
それでも子ども達が小さかった頃の朝は、夫に不満をぶつける間もなく忙しくって、随分と長い間、この汚れた食器に目をつぶってきたのでした、かれこれ5年くらい。
ところが長男が小学生になって、宿題や準備のチェック、帰宅後の仕事が増えてますます1分1秒も惜しい日々。作って食べさせて後片付けして、とにかく21時半就寝を目指してまっしぐら、何を食べたのかさえわからないような私の夕食とは正反対に、夫といったら帰宅後、お笑い番組に笑い声をあげながらゆったりのんびりの食事。
そんな日々を繰り返す2年ほど前のある日、ついにブチ切れたのです。
「私はあなたのお母さんじゃないの!自分の洗いものぐらい、自分でやって!!」

突然の妻の大爆発にそれまでの自分の甘えを猛省した夫・・・なんて理想どおりの展開、残念ながらわが家には待っていませんでした。
俺だって疲れて帰ってきて、やっと夜ごはんを食べられるんだ。満員電車で立ちっぱなし、やっと座ってご飯を食べるのに、その後キッチンに立つ気にもなれない。ママは子どもと一緒に22時には寝れるだろ・・・いいじゃないか、そのくらい、やってくれても。
妻の不満に夫の言い分。交わることは、そうたやすいことではない。
でもその後も、頑として夫の食器に手を出さなかった私。意地をはるほどにこちらの本気を、わかってほしかったからです。

そんな日々を地道に越えた今、毎朝洗いかごには、帰宅後に夫が洗った食器とお弁当箱が入っています。
時々、よほど疲れていたのか洗い桶に漬け込んだままの日もあるけれど、そんな時は何も言わずに、妻は朝から粛々と食器洗い。
そんな私も年のせいか最近さらに夜に弱く、子どもを寝かせた後に起き上がることもできず、夜ごはんの食器を漬け込んだまま爆睡する日も度々ですが・・・夫は、自分の食器のほかに、家族全員分の食器を洗ってくれるようになりました。
たぶんあの日の私の爆発が無かったら・・・翌朝、この洗い桶の中に夫の食器が積み重なっていたんだろうな。

分担、なんていうほどうまくいかない、割り切れない。
働くママとパパの家事のバランスは、多くのお宅で一筋縄ではいかないもののようです。
夫や●●さんのように「仕方ない」を繰り返しながら、きっと少しずつ生活の一部になっていく。
それなりの時間と衝突も・・・通る道、なのかなぁ。

(できるナビ編集部:タケハラ)
「子育てのコツ」配信中!チェックしてね!

できるナビTwitter
@DekiruNavi

絵本ナビ
Facebookページ

メールマガジンの購読停止・登録メールアドレスの変更はこちらから

※このメールマガジンの送信元アドレス magazine@ehonnavi.net は送信専用のアドレスですので、メールを送られても発行者には届きません。お問い合わせ等は下記アドレスへお願いいたします。
dekiru@ehonnavi.net

こんなテーマを作ってほしい!など、その他のご意見・ご要望はこちらから

できるナビのメールマガジン
できるナビのメールマガジンは、今週のイチオシ!レシピやレシピ募集中のテーマなど、できるナビサイトから厳選した、編集部からのおすすめ情報をお届けします。
発行:株式会社絵本ナビ
(C)Ehon navi Corporation