できるナビ 2014/04/30発行
できるナビ
投稿数:2,786件
あなたとお子さんを応援する「できるナビ」のメールマガジン。
子育てがもっと楽しくなる
とっておきの「できるレシピ」をお届けします。

ゴールデンウィーク、どこに行こうかなぁ・・・。
今さらぼんやり検討しているわが家。相変わらずのノープランには反省ですが、息子2人が小学生になりまとまった休みも少なくなってしまいました。
その上、どこに行っても混んでるし、料金も平日より高いし・・・。
そんな方、必読!
観光地に行かなくても家族で楽しいGWを過ごすアイデアを盛りだくさんでご紹介します。お休みの過ごし方って家族によっていろいろ、なんだか心もほっこりするコツばかりです。
最後までお楽しみくださいね。
そしてみなさま、楽しいGWを!

…目次…………………………………………………………………………………
◇ 今週のイチオシ!レシピ
◆ 教えて!レシピ募集中
◇ 編集後記
…………………………………………………………………………………………
今週のイチオシ!レシピ
【編集部より】五月晴れの5月初旬はピクニック日和。一日といわず毎日でも、いかがですか?夜、お家の中、街やビジネスホテル?!…いろんなピクニックを楽しんでくださいね。
パパ・ママ
気合を入れて大旅行にいかなくても子供は十分楽しめるんだ、と気づいたうちの子の好きなことを紹介させていただきます。
by リリィティナさん(ママ・30代 その他カナダ 男の子7歳)
【編集部より】パパが仕事でいない連休、子連れで外出は大変。つい家にこもりがちですが…いつもの生活でもとびきりの楽しみ方が、あるんです!これは雨の日にも活用できそうですよ♪
パパ・ママ
仕事で忙しい主人なのでGWは基本的に毎年無いものとしています。 が、子どももいるのに家でボケーっとしてるだけなのも可哀想なので、GWが終わった後に思い出に残るような何か楽しい事をと考えてやってみた事です。
by ポコ98さん(ママ・30代 神奈川県横浜市 女の子4歳 男の子1歳)
【編集部より】地図を見ながら気持ちのおもむくままに散歩するって、実はとっても贅沢な時間の過ごし方かもしれませんね!意外な発見や穴場スポットを見つけられて地元愛も深まりそう♪
パパ・ママ
お財布にやさしくしかも一日のんびり気ままに過ごせる、おすすめスポットをいくつかピックアップしてみました。
by ビキママさん(ママ・40代 神奈川県相模原市 男の子3歳)
【編集部より】観光地に行きたいのは、むしろ大人の願望かも?子どもは意外に、いつもの休日にちょっと特別感がプラスされるだけでも大喜びなんですよね。GWはアイデア勝負で楽しみましょ!
パパ・ママ
GWといえども自営業、しかも母親自体が持病があって遠出や人ごみはNG。 元気があまる子どもたちとお金をかけずに過ごす例をいくつかご紹介します。
by うつぼっちさん(ママ・40代 東京都葛飾区 女の子10歳 男の子7歳 男の子3歳)
【編集部より】混み合う場所での待ち時間、じっとしていられない子どもたちにヒヤヒヤ&ため息ですよね…並びながらでもできる身体遊びやちょっと頭を使うゲーム、すぐにでもトライしたくなります!
0〜2歳 / 3〜6歳 / 小1・2
待ち時間といってもいろんな種類がありますよね。 遊園地での長い行列、車での長旅、静かに待たなくちゃいけない病院、、、その時々臨機応変に遊んでいます。 大人には大したことのない遊びでも子供にはヒットしたりするのでとりあえずいろいろ試してお子さんが好きな遊びを見極めるといいですね。
by リリィティナさん(ママ・30代 その他カナダ 男の子7歳)
【編集部より】普段は控えている赤ちゃん連れの外食も、連休ぐらいは思い切って出かけてみたくなりますよね。事前にお店をちょっと下調べ、このひと手間でママにゆとりが♪
0〜2歳 / パパ・ママ
独身の頃はカフェ巡りが大好きだったのですが、出産してからは小さな赤ちゃんを連れて行くことに躊躇していました。 でも、予めそこがどんなお店かを調べていけば赤ちゃん連れでも楽しめることを知りました!
by ☆だ〜なさん(ママ・30代 埼玉県 男の子5歳 男の子3歳)
【編集部より】こどもの日のお祝いは、家族みんなでおうちごはん!こいのぼりプレートなら、作るのも見るのも食べるのも楽しい!!
パパ・ママ
簡単にごはんを使って鯉のぼり! とても簡単なのでお子さんと一緒にお絵かき気分で作れちゃいます。
by リリィティナさん(ママ・30代 その他カナダ 男の子7歳)
その他の新着レシピをみる >>
教えて!レシピ募集中
できるナビからのリクエスト
小1・2 / 小3・4 / 小5・6 / パパ・ママ
普段は照れて素直に言えない「ありがとう」の気持ち、母の日だけはちゃんと伝えたいものです。パパ、お子さん、そしておばあちゃんにお世話になっているママ、さぁご一緒に。 母の日にママ(妻)・お母さん(実母・義母)を喜ぶイベントやプレゼントをするコツやアドバイス、教えてください
できるナビからのリクエスト
0〜2歳 / 3〜6歳
さぁ、いよいよトイレトレーニング始めるよ!と、ママパパは気合満々。でも当の本人は「やだー!」「やらないー」。無理やり始めるのは逆効果。だけど・・・早く始めたい! 子どもを上手にトイレトレーニングに誘うコツや効果的な声かけ、教えてください。
リクエストはできるナビから! >>
「信じてあげたいんだけど」

「どうして自分で探さないの?困るのも人に迷惑かけるのも、ママじゃなくて自分でしょ?」
怒りにまかせてまくし立て、長男フウタロウ起こしてしまった朝。
冷静に冷静にと言い聞かせても気持ちのブレーキが効かない。寝ぼけ眼の本人は夢の中からいきなり母の癇癪を受け、しばし呆然…そりゃそうだよね。

小3の新学期が始まって2週間。
毎日持ち帰る「忘れ物カード」にはその日忘れた提出物や宿題、持ち物が記入されている。普段、学校の準備は本人に任せているけれど、たまたま目に入ったそのカードにギョッとした。3日連続で忘れ物は「算数の教科書」。
問い詰めると「家も学校も探したんだけけど、無いんだよ」。
そう言って担任の先生に臨時で借りているという算数の教科書をケロッとして見せてきた。

いつ、どこで無くしたの?一緒に記憶をたどっても「わからない」。
無くなる数日前に、自宅のリビングで宿題をやっている時は確かにあったという。
じゃぁ、家の中にあるんじゃないの?!
プリントや通信教育の教材が散らばる机の上から中から裏まで、本棚の本を全部出して、おもちゃ箱をひっくり返して。遊びに来ていた義父や6歳弟も参戦し総動員で1時間探したけど…無い。
片付けベタはお前に似たのだと、夫によくイヤミを言われムッとしてたけどこれじゃ言い返す言葉もないわ。でも自慢じゃないけど私は教科書は無くさなかったよ、しかも新年度早々なんて。
とにかくイラっとするのは本人が全く反省していないこと。私が見つけるまで1週間以上、なんの報告もなく先生の教科書を借り続けていたこと。
報告とか相談とか親が最低限の常識だと思ってることと、彼の現実があまりにもかけ離れてる。

畳の裏までひっくり返したら出てくるかもしれない。でもさすがにそれは最終手段にさせてほしい。
残るは学校で紛失した可能性。算数の授業は隣のクラスに移動して行うのだから、忘れてきたんじゃないの?
家にはなかったこと、移動教室に忘れていないか確認してほしいことを「自分で担任の先生に伝えなさい」怒りを抑え、厳しく指示をしました。
その裏では連絡帳で先生にあててこっそり事情説明とお詫びを。
どうか、どうか見つかりますように。

お決まりですが、そんな期待はあっさりと砕け散るものなのです。
「移動教室のクラスで聞いたけどなかったー」平気な顔をして報告する息子にもう怒りは沸点。
一度探した場所から、まさかと思われるキッチンや寝室…仕方なく私がいつもより早起きをして必死で探しているところに、大口をあけて寝ているフウタロウを見て思わずブチ切れてしまったのでした。
起がけに怒鳴られて「どうしてオレばっかり怒るんだよ」グスングスンと泣きながら訴えられると、ちょっとひるんでしまう。
信じてあげたい、でもやっぱりキミがだらしなくて、失くしてしまったんでしょう?

その日。とうとうやってきてしまったのは、フウタロウの個人面談。
再三探したけれどどうしても見つからなかったことを先生に伝えなくてはいけないのです。
新しく担任になったのは都心の小学校から異動してきたばかりの若い男性の先生。いたらぬ息子の不手際に、さっそく頭を下げなくてはならないのか…。
ため息をつきながら教室に入り、まずはごあいさつ。
すると先生が第一声「教科書、今朝見つかったみたいで良かったですね。本人もホッとしていましたよ」
…ほ、ほんとうですか!!!
なにやら算数で移動していた教室、座った席にうっかり教科書を入れてしまったようで、その席の子が見つけ届けてくれたのだそう。
移動教室の先生、そして教科書を貸してくれた担任の先生、そして見つけてくれた子や探してくれたお友達にもちゃんとお礼をしていましたよ…先生は褒めてくれました。
…やるじゃないの、フウタロウ。いやその前に、信じてあげられずに、ごめん。

素直に謝り、お詫びは帰りがけにスーパーで好きなお菓子を一個。
これで水に流してくれるんだから、まだまだかわいいなぁ、わが息子。
自己責任と任せるにはまだ不安ばかりだし、口を出しすぎるのも過保護じゃないかと迷ってしまう。
難しいな、9歳。これからもこんなこと、まだまだたくさんあるんだろうな。

(できるナビ編集部:タケハラ)
「子育てのコツ」配信中!チェックしてね!

できるナビTwitter
@DekiruNavi

絵本ナビ
Facebookページ

メールマガジンの購読停止・登録メールアドレスの変更はこちらから

※このメールマガジンの送信元アドレス magazine@ehonnavi.net は送信専用のアドレスですので、メールを送られても発行者には届きません。お問い合わせ等は下記アドレスへお願いいたします。
dekiru@ehonnavi.net

こんなテーマを作ってほしい!など、その他のご意見・ご要望はこちらから

できるナビのメールマガジン
できるナビのメールマガジンは、今週のイチオシ!レシピやレシピ募集中のテーマなど、できるナビサイトから厳選した、編集部からのおすすめ情報をお届けします。
発行:株式会社絵本ナビ
(C)Ehon navi Corporation