できるナビ 2014/04/16発行
できるナビ
投稿数:2,772件
あなたとお子さんを応援する「できるナビ」のメールマガジン。
子育てがもっと楽しくなる
とっておきの「できるレシピ」をお届けします。

新年度が始まると毎日があっという間に過ぎていきますよね。
働くママ歴6年に突入した私が行き着いたこの時期のテーマは「無理しない」。
慣れない生活に、頑張る子ども達を受け止めるだけでもいっぱいなんですから、こんな時こそごはんも掃除も時短・手抜き!
と主張していたら、いつのまにか万年手抜きグセが染み付いてしまったので、皆さまはどうぞほどほどに・・・。
街では青空にはためくこいのぼりを見かけるようになりました。もうそんな季節!
今週は親子でチャレンジしたい手作りこいのぼりなど、こどもの日のアイデアをご紹介します。
ぜひ最後までお楽しみくださいね!

…目次…………………………………………………………………………………
◇ 今週のイチオシ!レシピ
◆ プロの「子育てのコツ」
◇ 教えて!レシピ募集中
◆ 編集後記
…………………………………………………………………………………………
今週のイチオシ!レシピ
【編集部より】こんなこいのぼりがあったのか!と思わず声を上げてしまいたくなるポップでカワイイこいのぼり。色とりどりの折り紙で簡単に作れるのもうれしいのです。
3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4 / 小5・6 / パパ・ママ
切り紙が好きな子どもと一緒に作成。 おり紙だけで簡単にガーランド風の壁飾りができました。
by 夜の樹さん(ママ・30代 北海道札幌市 女の子4歳 男の子0歳)
【編集部より】外に飾るこいのぼりは無理でも・・・お家の中なら!水彩絵の具で思い思いの模様を描くのが子どもにとってはたまらないでしょうね。お父さん鯉から子ども鯉までたくさん作ってみてくださいね♪
3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4 / 小5・6 / パパ・ママ
最近水彩絵の具を使うのが楽しい娘と一緒に、初節句を迎える弟のために作りました。 兜の横に吊り下げたかったので、こんな形にしてみました。 大人がする部分が多いですが、自分の描いたものが鯉のぼりになって、喜んでました!
by ピクルスさん(ママ・30代 愛知県名古屋市 女の子4歳 男の子0歳)
【編集部より】家にあるもので簡単に作りたい・・・そんな時は牛乳パックで!切り紙や手形など、子どもと一緒にオリジナルのアレンジを楽しみたいですね♪
3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4 / 小5・6 / パパ・ママ
家にあるもので簡単にできますよ♪ アレンジ次第で全然違った感じのデザインになるので面白いです♪
by EMRHさん(ママ・30代 静岡県○○市 男の子3歳 男の子1歳)
【編集部より】せっかくですから、かぶとも手づくりしちゃいましょ!新聞で作るかぶとがこんなステキに大変身。さてそのアレンジ術は・・・?!
3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4 / 小5・6 / パパ・ママ
子供に「いつもと違う兜を作りたい〜」とリクエストされました。 立体的なものを作るのが苦手な私は新聞紙の兜をアレンジして誤魔化しましたが、工程が簡単なためか意外にも子供に好評でした。
by 夜の樹さん(ママ・30代 北海道札幌市)
【編集部より】どうして鯉のぼりを飾るのかな?その由来や意味を子どもに伝えるなら、やっぱり絵本がおススメです。季節の行事をより楽しむことができますね。
3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4 / パパ・ママ
絵本から入るとわかりやすいと思います♪
by EMRHさん(ママ・30代 静岡県 男の子4歳 男の子2歳)
【編集部より】もうすぐこどもの日!そんなカウントダウンを楽しむお弁当、テンション上がっちゃいますね。ふたを開けたときの驚き&喜びの顔、目に浮かびます♪
パパ・ママ
おうち料理でなくデコ弁なのですが、こいのぼりにチャレンジしてみました。
by うきうきこーんさん(ママ・40代 愛知県大府市 男の子5歳)
その他の新着レシピをみる >>
プロの「子育てのコツ」
【編集部より】近年増え続けているという子どもの花粉症。1月〜4月のスギ花粉のピークを過ぎてもヒノキ、ブタクサなど様々な花粉が飛散します。わが子が花粉症であるかの判断や治療のポイントを、小児科医でご自身も2児のお母さんである公立昭和病院・野田絵理先生にうかがいました。

プロのコツ

野田絵理

0〜2歳 / 3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4 / 小5・6 / パパ・ママ

by 野田絵理 さん(小児科医)

その他のプロが教える子育てのコツをみる >>
教えて!レシピ募集中
できるナビからのリクエスト
パパ・ママ
大型連休ゴールデンウィーク。家族で思い切り楽しめる長期休暇ですが、高速は渋滞、着いた場所では長蛇の列、もうクタクタ(おまけに高い!)…「楽しかった」じゃなく「あぁ疲れた〜」と子ども達。 観光地や旅行に行かなくてもGWを家族で楽しむコツ、教えてください。
できるナビからのリクエスト
3〜6歳 / パパ・ママ
「幼稚園(保育園)に行きたくない」もし子どもが言い出したら?お友達との関係、親と離れるさみしさ、失敗したりできない時の不安。小さな心で抱えていることがたくさんあるんですよね。 子どもが「幼稚園・保育園に行きたくない」と言った時、どうやって対応しましたか?
リクエストはできるナビから! >>
「パパの精いっぱい」

「きょうね、あさパパがかみのけ、むすんでくれたけど、グシャグシャでかっこわるかったの」
夜ごはんの準備をしながら耳を傾ける子ども達の今日のトピック、その中で4歳のナノカから出た言葉に苦笑い。
朝、ナノカの髪の毛を結んだのは私でしたが、彼女は急な気まぐれでほどいてしまったのです。
もう家を出なくちゃ間に合わないという時に「もう一回結んでー!」厄介なダダこねが始まって、「あとはお願い!」。
後ろを振り返る余裕もなく、号泣する娘を保育園送り担当の夫に任せ飛び出したのでした。

そういえば…私もナノカと同じように、父に髪の毛を結ってもらって登園したことがあったなぁ。
母曰く「鳥の巣」だったというそのヘアスタイル、今となっては笑ってネタにできるけれど、当時4歳だった自分はどんなふうにとらえたのでしょう。
母と3歳年下の弟が祖父の入院の世話で実家に帰省していて、私は父と二人で数日間を過ごしたのでした。
食事やお風呂や幼稚園の準備はなんとか乗り切れても、朝の髪の毛セットまでとは、父、盲点だったはず…。
そして忘れもしないのが、幼稚園のお弁当です。
ご飯を炊いてお弁当箱に詰める、ぐらいはできそうな父だけど、今から30年も前、電子レンジも冷凍食品も普及していない時代。「幼稚園のお弁当をつくる」なんて相当なハードルだったでしょう。
そこ、父はスッパリと割り切りました。

「好きなパンを選んで良いよ」
ハッキリとした記憶はまさにここから。家から随分歩く駅前のパン屋さんに連れて行かれ、トレイとトングを渡されたのでした。
当時パンを買うなんて行為は、スーパーで食パンを買うぐらいしか経験したことのなかった私。
パン屋さんで「好きなパンを選ぶ」なんて!まるで目の前のごちそうを「好きなだけお食べ」と言われるお嬢様の気分、とちびまる子ちゃん的なたとえを使いたくなるくらい、もう目をキラキラ輝かせていたはず。
うさぎちゃん型のチョコパン、あんパン、ジャムパン…あれもこれもと迷った挙句に選んだのはねじりドーナツ。砂糖で真っ白くお化粧したその姿は、特別な光を放っていたのです。
幼稚園でのお昼ごはん。いつものようにお弁当を出した瞬間、友だちが一斉に歓声を上げた瞬間を、今でも覚えています。
「うわぁ、いいなー!おいしそう!」
普段から注目なんて浴びたことのない私がそのランチタイムだけはクラスのアイドル。ドーナツを一口頬張ることに周りから漏れる感嘆の声が、さらにその美味さを引き立てる。
気がつけばみんなが群がり、食べ終わった後に残った粉砂糖を指につけてなめては「おいしぃ〜!」。
「また明日もお弁当はパン屋さんのパンがいい!」
すかさずリクエストしたにもかかわらず、父がこんなステキなお弁当を持たせてくれたのはそれが最初で最後。幼稚園の先生から苦情でも受けたのか・・・未だナゾに包まれたままですが。

そんな記憶が蘇りながら、私が家を出た後の夫の奮闘ぶりを想像しては吹き出してしまう。
ナノカに「グシャグシャ」なんて喩えられるぐらいだから、相当キテレツに仕上がっていたことでしょう。
掃除に洗濯、ごはんにお弁当作り、学校や保育園関連のしごと。
家事や育児を私と同じように分担してほしいと文句半分、いつも夫に主張してるんだけど。
手を抜いたり諦めたりしているわけではなく、パパなりの精一杯、がきっとあるんだろう。
鳥の巣頭に砂糖たっぷりドーナツをお弁当に持たせてくれた父のがんばりを今も微笑ましく思い出すように、
いつかナノカもパパに結ってもらった個性あふれるヘアスタイルを、ほっこり思い出してくれるといいね。

(できるナビ編集部:タケハラ)
「子育てのコツ」配信中!チェックしてね!

できるナビTwitter
@DekiruNavi

絵本ナビ
Facebookページ

メールマガジンの購読停止・登録メールアドレスの変更はこちらから

※このメールマガジンの送信元アドレス magazine@ehonnavi.net は送信専用のアドレスですので、メールを送られても発行者には届きません。お問い合わせ等は下記アドレスへお願いいたします。
dekiru@ehonnavi.net

こんなテーマを作ってほしい!など、その他のご意見・ご要望はこちらから

できるナビのメールマガジン
できるナビのメールマガジンは、今週のイチオシ!レシピやレシピ募集中のテーマなど、できるナビサイトから厳選した、編集部からのおすすめ情報をお届けします。
発行:株式会社絵本ナビ
(C)Ehon navi Corporation