できるナビ 2014/03/27発行
できるナビ
投稿数:2,751件
あなたとお子さんを応援する「できるナビ」のメールマガジン。
子育てがもっと楽しくなる
とっておきの「できるレシピ」をお届けします。

3月ももう終わり、なんて本当に早いものです。もう一年の4分の一が!
卒園卒業の次は入園入学や進級、年度の変わり目はいつも忙しいですが、心地よい春風を感じながら過ごしていきたいなと思います。桜のたよりも楽しみですね!
さて今週は!例年この時期にご好評いただく特集です。
新年度の始まり、保育園や幼稚園の送迎で子どもと上手にバイバイするコツは?・・・「ママと離れたくない〜」わが子の涙が親として幸せやらツライやら、どうしたら。先輩ママたちの経験談もいろいろです。
最後までお楽しみくださいね!


…目次…………………………………………………………………………………
◇ 今週のイチオシ!レシピ
◆ プロの「子育てのコツ」
◇ 教えて!レシピ募集中
◆ 編集後記
…………………………………………………………………………………………
【お詫び】

今週は諸事情により毎週水曜日の「できるナビメールマガジン」配信を木曜日に変更させていただきました。お詫び申し上げます。次週は通常通り水曜日の配信予定とさせていただきます。

今週のイチオシ!レシピ
【編集部より】にぎやかな子どもたちの中でわが子だけが泣いていると、後ろ髪を引かれちゃうけれど…とにかくママは笑顔!グッとこらえて背中を押してあげましょう。
0〜2歳 / 3〜6歳 / パパ・ママ
未だに時々登園時に泣いてしまうわが子・・・。 特に1学期は毎朝大泣きで親も子も大変でした! 周りのお母さんや先生からいただいたアドバイスをもとに私が気をつけていたことをまとめました。
by 夜の樹さん(ママ・30代 北海道札幌市 女の子4歳 男の子0歳)
【編集部より】泣くのは親子の絆の証!そう言ってくれる保育士ママさんのアドバイスは本当に心強いのです。そして子どもゴコロをおさえたバイバイのコツ、ぜひトライしてみてくださいね!
0〜2歳 / 3〜6歳 / パパ・ママ
私は保育士ママで、我が子を2歳で保育園に入れ、別の保育園で働いていました。 保育士としては慣れてても、やはり我が子が泣くと辛いもの。2カ月くらいは毎日泣かれました。 泣くのは親子の絆の証!でも、泣かないに越したことはないですよね。少しでも別れが楽になるよう、こんなことをしました。
by ピクルスさん(ママ・30代 愛知県名古屋市 女の子4歳 男の子0歳)
【編集部より】お気に入りのグッズ、励まし、親としてできることをやってあげたい。でもやっぱり泣いてしまう時は…諦めよう!子どもなら誰でも通る道、そして笑顔でバイバイできる日も必ず来るのです。
0〜2歳 / 3〜6歳 / パパ・ママ
幼稚園の先生とお話したことがきっかけです。とにかくもう「誰でも通る道」と諦めるしかないかなと。親の方で気持ちを切り替えることができれば、わりと平気になるものです。写真は幼稚園ではなく公園。幼稚園の送りの時はこんなもんじゃない、まさに号泣でひっくり返りすごかったです。
by ぽこさんママさん(ママ・40代 長野県長野市 女の子4歳)
【編集部より】たくさんの子どもたちを見てきた幼稚園の先生という立場での、客観的なアドバイスがありがたいです。まずは落ち着いて子どもの気持ちに耳を傾けてみれば、親子で一歩前に踏み出せそう。
3〜6歳 / パパ・ママ
外国で日本語幼稚園科につとめています。 必ずと言っていいほど年度初めに行きたがらない子が出てきます。 よくあることで、心配しなくていいものやそうでないもの、でもその理由はさまざま。 少しでも徐々に慣れていくようにするにはご家族と先生とのコミュニケーションが大切です。
by ぽんきちLuvさん(せんせい・30代 神奈川県座間市 女の子11歳 女の子5歳)
【編集部より】学校に行きたくない…わが子の言葉に親としては胸が締め付けられるような思いに。そんな時を救ってくれるのは絵本。まずはゆっくりと子どもの気持ちをひも解いていくことができますよ。
3〜6歳 / 小1・2
現在小学二年生の長男が、入学したての頃、やっぱり「いやだ〜、ママと一緒がいい〜!」と号泣しまくって困っていたときに、ばあばが本屋さんで見つけてきてくれた、一冊の絵本。 「ぜったいがっこうにはいかないからね」というタイトルなのに、何故か学校に行きたくなる、不思議な絵本です!
by ひろちゃままさん(ママ・40代 神奈川県横浜市 男の子7歳 男の子5歳)
【編集部より】子どもの背中を押す、それはずっと見守ってきた親にとっても勇気がいること。でも「一緒にがんばろう」そんな応援が、きっと子も親も成長させてくれるはずですね。
小1・2 / パパ・ママ
学校が始まり、「行きたくなーい。」と泣かれました。 もうずっと側にいて守ってあげることができないんだとこちらも悲しくなりましたが、一緒に成長するいい機会。 私も一緒にがんばりました。
by リリィティナさん(ママ・30代 その他カナダ 男の子7歳)
その他の新着レシピをみる >>
プロの「子育てのコツ」
【編集部より】絵本だーいすき!そんなお子さんやママ・パパ、絵本を使って遊んでみませんか?工夫を取り入れた遊びに展開するだけで、子どもたちの豊かな想像力がムクムク!絵本の世界が無限大に広がっていきます。 働くママのための子育て情報サイト「WorMo’(ワーモ)」さんが、絵本を使った遊びを教えてくださいました!

プロのコツ

WorMo’(ワーモ)

0〜2歳 / 3〜6歳 / 小1・2

by WorMo’(ワーモ) さん

その他のプロが教える子育てのコツをみる >>
教えて!レシピ募集中
できるナビからのリクエスト
パパ・ママ
入園、入学、引越し…転機によって親子で新しい環境で生活が始まる時は、ママ友作りも一からスタート。子ども同士はすぐに仲良くなりますが、初めてのママとお話しする時は、やっぱり緊張しちゃいます。 新しい環境でママ友を作るコツやアドバイス、教えてください。
できるナビからのリクエスト
パパ・ママ
あぁ朝は忙しい。ましてや寝坊なんてした日には大パニック!ママ・パパだって毎日頑張ってるし、大変です。時には手抜きで許して!でも朝ごはんはちゃんと食べていきましょうね。 忙しい朝に役立つ、超簡単お手軽なお助け朝食メニュー、教えてください。
リクエストはできるナビから! >>
「いちごが食べたい!」

春、この時期を首を長ーくして楽しみに待っていたものがあります。
い・ち・ご。
ツヤツヤした真っ赤な色、プクッとしたなんとも果実らしいほどよいサイズと形。
そんなルックスはもちろん、あのキュッとしたバランスの良い甘酸っぱさ。
見た目も味も完璧なキングオブ果物・・・私はいちごを愛してやみません。
いちごがくだもの売り場を彩る期間限定のこのシーズン、スーパーに行くのが楽しみで仕方がないのです。

そして。子どもってどうしてこんなにいちごが好きなんでしょう。
つい数年前までは、1パックを買って家族みんなで分け合って食べても大満足、だったのに。
8歳、6歳、3歳。底なしの食欲に勢い止まらない子どもたち。
食後のデザートにと一皿に盛ったいちごを食卓に出せば数分で空っぽ、もちろんママ・パパには一粒も回ってこない。
早いもん勝ちのいちご争奪戦に危機感を感じて、一人5粒を小皿にシェア。
さぁ、一年ぶりのいちごちゃん、私も食ーべよ!思わずニヤけながら頬張ろうとした瞬間。
「・・・ママ、そのいちご、食べたい。もらっていい?」
3人の子どもたちにすがるような瞳で見つめられて・・あげない!とは、言えない。
結局私も夫も子どもの数で割りきれなかったいちごを一粒ずつ食べるだけで、ぜーんぶ子どもたちのお腹の中に入ってしまうのです。
もう1パック多く買えばみんなが平和に分かち合えることはわかっているんだけど・・・1パック300円以上はするし。エンゲル係数がちらついて2パック大人買いには踏み切れない。
というわけで、今シーズンもう何度も買っているいちごですが、私が食べたのは10粒にも満たないのです。人生でこんなにいちごを食べられなかった年もなかったんじゃないかしら。
いちご、いちご。いちごを思いっきり食べたいなぁ。

連休中、私の実家に帰省してきました。
ふと思いついた手みやげはいちご。色艶やかな大粒がきれいに並んだいつもより格段にお値段のいいものを4パックほど。見ているだけでうっとり、うわぁ、贅沢。
でも母親になって初めてこんなにいちごに縁遠くなる日を経験して思ったこと。
私が子どもだった頃はきっとお父さんお母さんも、好きなだけいちごを食べられたこと、なかったのかもしれない。

「はーい、いちごだよ〜」
母が大皿に載せたいちごを運んでくると同時に、すずめのようにテーブルに群がる子どもたち。
ちょっと待ったー!ダメダメ、今日はじぃじとばぁばにたっぷり食べさせてあげるんだからね。一人4粒までよ!
えぇ、たったの4つ〜、もっと食べたいよ〜と想定内のブーイングの嵐が沸き起こると
「いいよいいよ、いっぱい食べなさい。でもママにもちゃんと分けてあげるのよ」
わが家の子どもたちの辞書に遠慮なんていう文字はない。母のひとことを聞きつけたと同時に、いちごに飛びつくその速さたるや(外でやってほしくない)。
そして私も・・・ガマンできずに、カプリ!
あぁぁぁ、おいしい。幸せぇ。

そんな様子を脇でうれしそうに見ている母。
つまりいちごを思う存分食べられるのは、子どもの特権、なんだろな。

(できるナビ編集部:タケハラ)
「子育てのコツ」配信中!チェックしてね!

できるナビTwitter
@DekiruNavi

絵本ナビ
Facebookページ

メールマガジンの購読停止・登録メールアドレスの変更はこちらから

※このメールマガジンの送信元アドレス magazine@ehonnavi.net は送信専用のアドレスですので、メールを送られても発行者には届きません。お問い合わせ等は下記アドレスへお願いいたします。
dekiru@ehonnavi.net

こんなテーマを作ってほしい!など、その他のご意見・ご要望はこちらから

できるナビのメールマガジン
できるナビのメールマガジンは、今週のイチオシ!レシピやレシピ募集中のテーマなど、できるナビサイトから厳選した、編集部からのおすすめ情報をお届けします。
発行:株式会社絵本ナビ
(C)Ehon navi Corporation