できるナビ 2014/02/26発行
できるナビ
投稿数:2,730件
あなたとお子さんを応援する「できるナビ」のメールマガジン。
子育てがもっと楽しくなる
とっておきの「できるレシピ」をお届けします。

1月は行く、2月は逃げる・・・ってよく言ったものだなぁとつくづく実感する月末。
気がついたらあと数日で3月です。あっという間に「去られない」よう、卒園間近の次男の園生活を中心に毎日を大切に過ごしたいなと思うのですが・・・そうは言っても子育てまっしぐらの現実はバタバタしちゃうんですよね(苦笑)。
今週のテーマは「きょうだい」。赤ちゃん返りにやきもち、けんか・・・感情のコントロールが難しい乳幼児期にママ・パパはため息ばかり。でも大人のちょっとした声かけで子どもたちのイガイガした心がふっと穏やかになったりして。先輩ママたちの経験談は励まされることばかりです!
最後までお楽しみくださいね。

…目次…………………………………………………………………………………
◇ 今週のイチオシ!レシピ
◆ 教えて!レシピ募集中
◇ 編集後記
…………………………………………………………………………………………
今週のイチオシ!レシピ
【編集部より】赤ちゃん返りは必ずくる。そう思って構えているといざとなったとき、落ち着いて子どもと向き合えますね!上の子への愛情もムクムク沸いてくる、好循環のコツです。
0〜2歳 / 3〜6歳 / パパ・ママ
お姉ちゃんが3歳9か月で弟が生まれました。 意識的に上の子に気をかけるようにしたせいなのかどうか、困るようなことはありませんでしたが・・・ 赤ちゃん返りらしき行動が出てきたときには 「おお、これが噂の・・・!!」ぐらいの気持ちで 面白がって赤ちゃんごっこに付き合いましたよ。
by ピクルスさん(ママ・30代 愛知県名古屋市 女の子2歳 男の子0歳)
【編集部より】赤ちゃんを見るとついニンマリ・・・可愛いのは当然です。でも上の子だって赤ちゃんだったんだ!親も子ども自身もこれまで注ぎ注がれた愛情に気づければ、やきもちは「ありがとう」に変わります。
パパ・ママ
子どもが、でなく自分の経験でいつも弟に対してやきもちを焼いていたので母から言われた言葉を紹介したいと思います。
by うきうきこーんさん(ママ・40代 愛知県大府市 男の子7歳 男の子0歳)
【編集部より】お兄ちゃんお姉ちゃんになる自覚が芽生えてほしい妊娠中。でももう少しの間、甘えさせてあげましょう!上の子を思い切り可愛がることで、妹弟を受け入れる気持ちが育まれるんですね。
0〜2歳 / 3〜6歳 / 小1・2 / パパ・ママ
3人子どもがいます。 一番上から3歳はなれて二人目、4歳はなれて三人目。 妊娠中にやって良かったこと そして失敗したなと思うことを お伝えしますね。
by うつぼっちさん(ママ・40代 東京都葛飾区 女の子10歳 男の子7歳 男の子3歳)
【編集部より】きょうだいが増えれば親が一人にかかりきりになる時間はどうしても減ってしまいます。お兄ちゃんお姉ちゃんの寂しさを満たしてあげるなら朝時間を利用!早寝早起きもできて一石二鳥です♪
3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4 / 小5・6 / パパ・ママ
4歳、2歳の姉妹の遊びについてです。 ママが3人目(現在6ヶ月)の世話をする時間が増え、姉妹だけで遊ぶことが増ええました。 4歳の姉しかできない遊びを、姉が早起きすることでトラブル回避できないか?と試したレシピです。
by SeeMooさん(ママ・30代 東京都東村山市 女の子4歳 女の子2歳 男の子0歳)
【編集部より】男の子ってどうしてケンカばかりするの?女子であるママにはもう不思議でしょうがないのですが、実はケンカもコミュニケーション。そう思うとおおらかな目で受け止められたり・・・して!?
3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4 / 小5・6 / パパ・ママ
2歳半、年が離れている兄弟の母です。 一時期は、寄れば触れば喧嘩・・・。喧嘩の理由のほとんどが、弟がお兄ちゃんの遊んでいる邪魔をしてしまうこと(弟は遊びたいのですが、結果的に邪魔になっている)でした。 その部分を出来るだけ解消していくようにしました。
by ☆だ〜なさん(ママ・30代 埼玉県川口市 男の子4歳 男の子1歳)
【編集部より】フランス式きょうだいゲンカの解決法?・・・気になりますよね!頭ごなしに叱るのではなく、まずは相手を受け入れるステキな魔法。ぜひ取り入れてみませんか?
パパ・ママ
日本より出生率の高いフランス。周りには普通に3人兄弟、4人兄弟の家庭がいっぱい。 そういう家庭のお母さんたちの方法をご紹介したいと思います。 実際に私が目にした方法です。(来客中であろうと、こういう方法で解決させています)
by ディドルさん(ママ・30代 その他(欧州) 男の子7歳 女の子4歳)
【編集部より】下の子が生まれて最初にぶつかる難題は入浴。ママの息抜きでもあるリラックスバスタイムはしばらくガマンだけど、事前準備と段取りがゆとりを生んでくれます!
パパ・ママ
冬で脱衣所は寒いので、できる限りのことを浴室の中でするようにしてます。赤ちゃんはシャワーの音が好きで、おとなしくバスチェアに座ってくれてます♪ 上の子はもう4歳ですが、アトピーの薬を塗ったり赤ちゃんより湯上りに時間がかかります。 我が家は基本、上の子優先ですね。
by ピクルスさん(ママ・30代 愛知県名古屋市 女の子4歳 男の子0歳)
その他の新着レシピをみる >>
教えて!レシピ募集中
できるナビからのリクエスト
パパ・ママ
東日本大震災以降、家庭での防災が改めて見直されています。小さな子どもを守ってあげるのは親。「もしも」に備え身の回りの準備は万全にしておきたいものです。 小さな子どもがいる家庭で必要な地震対策のコツや工夫、教えてください。
できるナビからのリクエスト
パパ・ママ
子どもの晴れの日、ママもお祝いスタイルでのぞみたいものですが、フォーマル服は…高い!しかも式が続くときには、同じ服?違う服?…なるべくお金はかけたくないのですが… ママの卒園・卒業式と入園・入学式のフォーマル服、予算をかけずに着こなすコツ、ありますか?
リクエストはできるナビから! >>
「オレは女子!」

「ナノカちゃんって、自分のこと「オレ」って言うのね。うちの娘が話してたよー」
久々の楽しい飲み会、おいしいお酒の真っ只中でママ仲間から衝撃のひとことを食らう。
ママのお化粧を真似したがるからキッズ用のメイクセットを買ってあげたの〜、なんて女の子のおませっぷりをテーマにママたちと盛りあがっていた矢先のことでした。
わかっちゃいたのです。うちの末っ子ナノカ3歳、はっきりいって見た目も気質も男子。兄2人の影響で大好きなのはプリキュアより仮面ライダー。おままごとよりポケモンごっこ。女友だちより男友だちが多い。
兄たちにまかせっきりで放置してきたことを言い訳にしちゃいけない。わが身を振り返れば私だって、娘の見本となるような女らしさを備えてはいなかった。

しかし本当でしょうか。まずは自分の目で耳で確かめたい。
保育園のお迎えで幼児の部屋に入ると、夢中になって遊んでいるナノカを発見。
よし、まだ気づいていない。そーっと近づき子どもたちの会話に耳をそばだてる。
「ねぇ、そのブロックはオレのだよ!オレにちょうだい!!」
今、確かに聞こえたのは紛れもなく娘の声。「オレ」彼女は自分をそう呼んでいます。
人気の戦隊ヒーローのモチーフとなっている恐竜をブロックで作るのがブームらしく、男子の真ん中に入ってガッシガッシとブロックを組み立てている。
この姿は毎日兄の中で遊ぶ見慣れた光景ではあるのに、母さんショックで立ち直れない。
「ワタシ」をすっ飛ばしていきなり口にした第一人称が「オレ」。「ボク」の方がまだマシだったか、なんてこの際どっちでもいいか。

でも不思議。家では「オレ」なんて言っている場面に出くわしたことがないのです。
それ以降どんなに気をつけて聞いていても「ナノカね、ナノカね・・・」自分のことは名まえで言う。
TPOってやつをわきまえているのかしら、意外にかしこい?・・・って、そもそもそんな賢さははいらないよ!
このまま習慣になるのは困る、絶対にダメ。だけどまずは現場を押さえないと注意もできない、やきもきする日々が続いたのでした。

ある日、友人の結婚式に出席するため一年ぶりに塗ったマニキュアを落としていたときのこと。
ナノカがやってきて、私が爪を拭いている様子をじっと見つめています。
「ママ、このお指に塗る絵の具きれいだね。また塗ってみて!会社のひとがきれいって褒めてくれるよ!」
初めてです。メイク中だって全く興味を示したことがなかった子が、ピンクやラメ入りのマニキュアの小瓶をキラキラした瞳で眺めてる。
なんだか嬉しくなって調子に乗って、一度落とした指にもう一度ナノカの選んだ鮮やかなオレンジ色のマニキュアをつけたのでした。

指先のおしゃれって、何だか気分も上がる。こんなテンションはちょっと久しぶり。
気分上々でおつかいのために玄関に向かうと、一足先にナノカがいました。
・・・ん?なんか変よ?足元に視線を落としたら・・・ナノカが履いているのはハイヒール?!
私の顔を恐る恐る見上げてエヘッ!彼女のチャームポイント、ほっぺに目がうまった全開の笑顔。
いつもならコラッと声を荒げてしまう場面も今回ばかりは怒りも吹っ飛んで、ママも「エヘッ」返し。
スーパーへの道すがら、質問してみました。
「ねぇ、ナノカは・・・男の子?女の子?」
「女の子でしょ!」
そうか、一応自覚はあるのねぇ。ちょっとホッとした。
女の子はどんどん変わるって言うけれど、いつかはママなんか飛び越えて大きく化けてくれるかしら。
お化粧やおしゃれに芽生えたかすかなオンナ心を信じて・・・進め、オレ女子!

(できるナビ編集部:タケハラ)
「子育てのコツ」配信中!チェックしてね!

できるナビTwitter
@DekiruNavi

絵本ナビ
Facebookページ

メールマガジンの購読停止・登録メールアドレスの変更はこちらから

※このメールマガジンの送信元アドレス magazine@ehonnavi.net は送信専用のアドレスですので、メールを送られても発行者には届きません。お問い合わせ等は下記アドレスへお願いいたします。
dekiru@ehonnavi.net

こんなテーマを作ってほしい!など、その他のご意見・ご要望はこちらから

できるナビのメールマガジン
できるナビのメールマガジンは、今週のイチオシ!レシピやレシピ募集中のテーマなど、できるナビサイトから厳選した、編集部からのおすすめ情報をお届けします。
発行:株式会社絵本ナビ
(C)Ehon navi Corporation