できるナビ 2014/02/19発行
できるナビ
投稿数:2,730件
あなたとお子さんを応援する「できるナビ」のメールマガジン。
子育てがもっと楽しくなる
とっておきの「できるレシピ」をお届けします。
 
関東地方では2週連続で未曾有の大雪に。
まだまだ余波が残る寒さに大人は身も心もカチカチに凍えちゃうのですが、子どもたちは相変わらず残った雪の上で駆け回っています。元気だなぁ。
そんな中、わが家はようやくひな人形を飾りました。
窓の外の雪景色を背に美しい十二単をまとって微笑むおひな様に、外は冬だけど部屋の中がすっかり春色になってきました。
さていよいよひなまつりですね!お祝いの夜にぴったりのアイデアメニューや今からでも間に合うひな人形など、ひなまつりを楽しむコツをお送りします。
どうぞ最後までお楽しみくださいね!

…目次…………………………………………………………………………………
◇ 今週のイチオシ!レシピ
◆ 教えて!レシピ募集中
◇ みんなのできた!レポート
◆  編集後記
…………………………………………………………………………………………
今週のイチオシ!レシピ
【編集部より】かわいい!お寿司でつくるおひな様です。ずっと食卓に飾っていたくなっちゃいますね。簡単に作れるアイデアも必見です!
パパ・ママ
3年前のひなまつりに、親戚で娘と姪の初節句のお祝いをしたときに作ってもらったものです。 簡単なアレンジで、こんなにかわいい!って、親の私がテンション上がってしまいました。
by ピクルスさん(ママ・30代 愛知県名古屋市 女の子4歳 男の子0歳)
【編集部より】もちろん大きな器に盛ったちらし寿司もステキだけど、こんな風にカップに入ってるだけでパーティ気分になれちゃうから不思議!子どもたちにいっぱい食べてほしいですね。
パパ・ママ
子どもの運動会で食べやすいようにと作ったことがきっかけだったのですが、お皿と違ってカップに入っているというだけで子どもたちの喜びと食べっぷりが違いました!!
by ☆だ〜なさん(ママ・30代 埼玉県川口市 男4歳 男1歳)
【編集部より】こちらは壁かけのひな人形、桜の台紙に肩を並べるかわいい2人!千代紙で着物を折ると華やかさがアップです♪
3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4 / パパ・ママ
働いている支援センターの親子製作で作りました! 親子には、ステップ2〜4をお願いしました☆
by ☆だ〜なさん(ママ・30代 埼玉県川口市 男の子4歳 男の子1歳)
【編集部より】ひな人形って、何個でも作りたくなっちゃう!こんな手軽に作れちゃうおひな様ならなおさらですね。ママ・パパが作ったものとわが子が作ったもの、一緒に並べてもかわいいな♪
3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4 / パパ・ママ
幼稚園で習ってきたひな人形をご紹介します。折り紙で作れると〜ってもカンタンなひな人形です☆親子で作ってみてください!!
by うきうきこーんさん(ママ・40代 愛知県大府市 男の子5歳)
【編集部より】卒園卒業や入園入学、楽しみだけど何を着ていくかちょっと気が重い…準備に焦る前に、まずはばぁばのクローゼットを一度のぞかせてもらいましょ!
パパ・ママ
入園式にはピンクのスーツで出席した私・・・。 しかし、そろそろピンクって似合わなくなってきました・・・。 思い切って買おうか・・・でも一万円スーツは嫌だ・・・。 というお金がないくせに、それなりの格好をしたいという、ジレンマを解決☆
by かりのさん(ママ・30代 愛媛県松山市 女の子6歳 女の子3歳)
【編集部より】やることいっぱい…ついため息ついちゃう入園準備。でも一日一個と決めれば意外に気が軽くなるんです!後回しにできることは入園後にする思い切りも大事ですね。
3〜6歳 / パパ・ママ
入園準備って本当に大変です。まず、何から手を付けていいやら・・・迷いますよね〜 裁縫が苦手でも大丈夫です。焦らず1日1個、少しづつ頑張りましょう!!
by みっちー77さん(ママ・30代 愛知県名古屋市 7歳 4歳)
その他の新着レシピをみる >>
教えて!レシピ募集中
できるナビからのリクエスト
入園前の不安を和らげるコツは?」教えてください!
0〜2歳 / 3〜6歳
親元を離れて初めての集団生活。幼稚園や保育園入園前は、子どもも親も不安は尽きませんよね。子どものペースに合わせて、ゆっくりのんびり園生活のイメージを広げていってあげたいものです。 入園前の不安を和らげてあげるいい方法、ありますか?
できるナビからのリクエスト
3〜6歳
【ユーザーさんからのリクエスト】 歩き始めの頃は割と歩けるようになったことが楽しくてお散歩してくれるようになりますが、少ししてくると抱っこばかりせがまれて歩いてくれません。 疲れてたり甘えたくなるとすぐ「抱っこ」。でも重いし距離もまだまだ長い、なんて時には、ママパパもちょっとゲンナリしちゃいます。 抱っこをせがむ子どもを歩かせるコツ、ありますか?
リクエストはできるナビから! >>
できた!レポート
もうすぐ2歳9ヶ月になる娘と早速作ってみました。最近お料理を手伝いたがるのでとても楽しそうで満足そうで良かったです。トッピングもその子次第で変化があっていいですね。来年は材料選びもいっしょにしてあげたらより喜ぶかなと思いました。ありがとうございました。
できた年齢:2歳8ヶ月 by みちんさんさん(ママ・30代 愛知県豊田市 女の子2歳 女の子0歳)
おはようございます! 僕は体育教師をやっています うちの娘が体育の授業でなかなか跳び箱をとぶことができなく、家で指導していました。 なんとかとべる様になりながらも、細かいところがだめなのでこのサイトを適用しました。 そのところ、細かいところもととのうようになりました!
できた年齢:小学3年生 by だいっちさん(せんせい・20代 埼玉県秩父市 男の子8歳 男の子4歳 女の子5歳)
「うちも、おんなじです」

休日、チケットをもらった恐竜展に行ってみることにしました。今回は8歳フウタロウと6歳ソラタ、そしてママの3人旅。
冬はすっかり出不精インドアなタケハラ家だったので、久々のレジャーに大はりきりの息子たち。保育園で作ったポシェットに図鑑やおやつを詰め、同じくお手製のニット帽子にマフラーをまいて。まだまだかわいいお年頃に母もほっこり。

さぁ、自宅から1時間半ほどかかる博物館へレッツゴー!
相変わらずの珍道中だったけど、電車を乗り継いでやってきました東京・上野公園。
ここまでは順調に来れて幸先いいなぁなんて足取りも軽かったのです、が。やはり人生はそう甘くない。
まさかの入場50分待ち。しかも大雪後の寒空の下、屋外で立って並ぶという。あと10日ほどで終了してしまうこの展覧会、モンゴルで発見された恐竜の化石の展示で好評だとは聞いていたけれど、まさかここまでとは。
すでに「お腹減ったー」と連呼する息子たちにこのまま並ぶなんてありえない。予定変更してまず先に館内で食事を済ませることにしました。
フリー席のカフェテリア、息子たちとの連携プレーで壮絶な席取り合戦を制することができたのも、並び始めてから20分後。
ようやく待ちに待った「いただきます!」の瞬間、始まりました、兄弟げんか。恐竜型のかわいいマドレーヌは、ティラノサウルスとトリケラトプス。テンションあがって2種類も買った私がバカだった。2人してティラノサウルスの激しい取り合いです。
あぁ、もうこんな混んでる中で…いい加減に…!!!堪忍袋の緒が切れかけた瞬間でした。
ガッシャーン!!!
響き渡ったのはガラスが割れた音。見れば、奥の席に座る3歳くらいの女の子がダダをこねている拍子に腕にぶつかったグラスが落ちてしまったようなのでした。
小さな子ども連れのファミリーは一瞬のうちにその周りから引いていきます。さっきまでの混み合いがうそのように、そのテーブルの周りだけ人ひとりいなくなってしまいました。
どんなに探しても繁忙時間の店内、スタッフは見つかりません。その子のママが急いで飛び散る破片を拾っています。傍らにはパパらしき男性が赤ちゃんを抱えて退避。一目見て、外食が一番大変な時期だとわかりました。
ふぅーっと大きなため息をつきながら床をふくママの眉間にはしわ。こんなはずじゃなかった、とでも語るような背中。わかる、わかりますよ…。

さてようやくお腹を満たしていざ恐竜展、いざ長蛇の列。
まだまだ混んではいるけれどさっきよりは待てる気がするのは、お腹がいっぱいだからかなぁ…なんて、単純なのは私だけでした。
男子2人は5分も経たないうちに「なんでこんな混んでるのー」「もう帰りたーい」連れてきた母ばかりでなく懸命に並んで待つ人たちをイラつかせる空気読まない暴言。さらには列の中でしゃがんでみたり整列用のポールに寄りかかって倒したり。
こら!あと少しなんだからお大人しく待って…!!!言いかけた瞬間、バッチーン!!平手打ちの音?!
見れば2列ほど先にいるママが、4歳ぐらいに見える男の子の手を叩いたのでした。ギョッとして注目すると、そのママは小刻みに震え、目には涙があふれています。
「どこに行ってたの?!絶対に離れちゃダメってあれほど言ったでしょ!」
なるほど、そういうことか。列の中で男の子は一人で勝手に前に進んで、お母さんの視界からいなくなってしまったようなのでした。横10人並び、列の前にも後ろにも数百人の人があふれ返っています。見えるのは大人の頭ばかり、小さな子どもが隠れてしまったらもひとたまりもありません。迷子になったその一瞬がどれほど不安で心配で長く感じられたことでしょう。
息子たちを一喝する言葉を思わず飲み込んでしまいます。周りの目も気にせずに大声で怒ってしまったママの気持ちも痛いほどわかるのでした。

その後30分待ってようやく入場した恐竜展を観ながらもショーケースに触って監視員の人に怒られたり、ふざけて会場を走り回ろうとしたり、私がブチ切れそうになる度に「こら!」「やめなさい!」「いいかげんにしろ!」。
あっちからもこっちからも聞こえてくるママやパパたちの怒声。そのたびに私は怒るタイミングを逃します。
でも、わかるのです。
この親子もあの家族も。ここに来るまではどんな恐竜に出会えるかなとワクワク話をはずませて、ママやパパは大迫力の恐竜ににキラキラと瞳を輝かせるわが子を想像して。楽しい休日、家族の思い出づくりを夢見てここまでやってきたはず。
そんな親心を知ってか知らずか、子どもって人混みに入った途端、親を困らせる動物に変身しちゃうんですから容赦ない。誰も怒りたくて怒ってなんか、いないのだ。
この後待っているのは、疲れ果て全体重をもたれて爆睡するわが子の抱っこ。休日のレジャーは苦行に近い。みなさん、ご苦労様です。
でもどんなに怒っても疲れても「楽しかったね」。そんな一言が聞けちゃうと全部吹っ飛んでまた頑張っちゃうんですから…ママ・パパって、ツライけどエライのだ!

(できるナビ編集部:タケハラ)
「子育てのコツ」配信中!チェックしてね!

できるナビTwitter
@DekiruNavi

絵本ナビ
Facebookページ

メールマガジンの購読停止・登録メールアドレスの変更はこちらから

※このメールマガジンの送信元アドレス magazine@ehonnavi.net は送信専用のアドレスですので、メールを送られても発行者には届きません。お問い合わせ等は下記アドレスへお願いいたします。
dekiru@ehonnavi.net

こんなテーマを作ってほしい!など、その他のご意見・ご要望はこちらから

できるナビのメールマガジン
できるナビのメールマガジンは、今週のイチオシ!レシピやレシピ募集中のテーマなど、できるナビサイトから厳選した、編集部からのおすすめ情報をお届けします。
発行:株式会社絵本ナビ
(C)Ehon navi Corporation