できるナビ 2014/02/05発行
できるナビ
投稿数:2,709件
あなたとお子さんを応援する「できるナビ」のメールマガジン。
子育てがもっと楽しくなる
とっておきの「できるレシピ」をお届けします。

昨日、東京近郊では今年初めての積雪となりました。
夜ごはんのときには「雪だるま作るんだ!」「オレはかまくら〜!」子どもたちの夢はふくらむばかりだったけど・・・すぐに雨雪に変わって残念。
寒いのはいやだけど、雪景色は見たい。矛盾してるけど、冬の間にまたチャンスがあるといいな。
さて今週は、親子で作れるバレンタインスイーツのレシピなどご紹介します。パパにじぃじに兄弟に、そして友チョコや自分へのプレゼントにも。甘くて楽しいチョコ作りのひとときをどうぞ。
最後までお楽しみくださいね。


…目次…………………………………………………………………………………
◇ 今週のイチオシ!レシピ
◆プロの「子育てのコツ」
◇ 教えて!レシピ募集中
◆ 編集後記

…………………………………………………………………………………………
今週のイチオシ!レシピ
【編集部より】溶かしたチョコをカップに入れるだけ・・・なのにこのかわいさ!小さいお子さんも一緒に、トッピングで差をつけちゃってくださいね♪
3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4 / 小5・6 / パパ・ママ
3歳の子供がバレンタインに「自分でチョコを作りたい!」と言ったので親子で作りました。 溶かしたチョコを固めてトッピングするだけなのですが、子供は手作り気分が味わえたみたいで喜んでいました。 材料と道具も少なくて済むのですぐにでます。
by 夜の樹さん(ママ・30代 北海道札幌市 女の子3歳)
【編集部より】クッキーを焼いているひとときは、甘〜い匂いとともになんともいえない幸せな気持ちになりますよね。子どもらしいペイント、贈る相手もほっこりしてくれることでしょう!
3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4 / 小5・6 / パパ・ママ
毎年、子どもと一緒にクッキーを作っています。 型抜きをしてもらったり、こねてもらったり。 そして、今年はチョコペンでペイントしてもらいました。
by 秋田小町さん(ママ・40代 東京都小平市 女の子12歳 女の子7歳)
【編集部より】バレンタインスイーツが電子レンジで!?できちゃうんです。しかも材料は食パンとチョコのみ!お手軽なのにおいしいレシピ、是非おためしあれ。
3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4 / 小5・6 / パパ・ママ
このレシピは、食パンがサクサクになって、チョコとの相性抜群です。 火を使わないので、子供でも安心です!!
by みっちー77さん(ママ・30代 愛知県名古屋市 7歳 4歳)
【編集部より】寒い寒いと家にこもりたいのは大人だけ・・・だって子どもは風の子、外が大好き!冬だからこそ楽しめるお散歩、いいものですよね。
0〜2歳 / 3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4 / 小5・6 / パパ・ママ
子どもが公園で遊ぶのを見ているだけだと、自分が寒いしつまらないので、天気がいい日は1〜2時間程度の散歩を一緒にしています。 通ったことのない道をあえて通り、子どもにとってはちょっとした冒険のようです。
by Love_koさん(ママ・30代 福岡県春日市 女の子5歳 男の子2歳)
【編集部より】冬は子どもと家に引きこもりがち、たまるイライラの悪循環・・・を発散しちゃいましょう!部屋も身も心もスッキリの一石二鳥アイデア!
パパ・ママ
私はペーパードライバー。 梅雨の季節でほとんど家にひきこもりがちのときに、思いつきました。
by えほんまにあさん(ママ・30代 大阪府岸和田市 男の子2歳)
【編集部より】インフルエンザやノロウイルスの後など長期間安静にしていなくちゃいけないと、家にあるおもちゃにだんだん飽きてきちゃうもの。アイロンビーズは地道にコツコツ、そして長時間遊べるベストおもちゃ!
0〜2歳 / 3〜6歳 / 小1・2
普段は外遊びが好きな子なのであまり遊ばないアイロンビーズでしたが、病み上がりでゆっくりしたいときに出してみたら、とても集中して遊んでよかったです♪
by ガーフさん(ママ・30代 埼玉県坂戸市 女の子4歳)
その他の新着レシピをみる >>
プロの「子育てのコツ」
【編集部より】バレンタインの夜には、ちょっと豪華にビーフシチュー。ゆっくりたっぷり時間と愛情をかけて…はい召し上がれ!「絵本ごはん」では大人気絵本「ピヨピヨ メリークリスマス」で食卓を飾るビーフシチューのレシピを、パパ料理研究家・滝村雅晴さんに教えていただきました。幸せを運んでくれる一品です。

プロのコツ

ビストロパパ滝村雅晴

3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4 / 小5・6 / パパ・ママ

by ビストロパパ滝村雅晴 さん

その他のプロが教える子育てのコツをみる >>
教えて!レシピ募集中
できるナビからのリクエスト
3〜6歳 / パパ・ママ
スモックにバッグ、巾着にランチグッズ…幼稚園・保育園入園で揃えなくてはいけないものは、たくさん。毎日使うものだから愛着のわくもの、そしてハラハラドキドキもある園生活で気分が上がるものを選んであげたいものですね。 子どものテンションが上がる入園グッズを揃えるコツ、教えてください。
できるナビからのリクエスト
3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4 / パパ・ママ
桃の節句、ひなまつり。おうちにある人形に華を添える、手づくりひな人形はいかがでしょう。毎年作れば、子どもの成長も感じられますね。どんな表情のおひな様ができるでしょうか。 親子で簡単に手づくりひな人形を楽しむコツ、教えてください。
みなさんからのリクエスト!
「sumire0403」さんからのリクエスト
4歳女の子、0歳男の子がいます。主人のことで相談です。平日は深夜帰りで朝も早く子どもたちと接する時間がありません。仕事がすごく忙しく家族のために頑張ってくれているのだと、私も家と子どもの世話を精一杯やってきました。だからこそ土日ぐらいは子どもと遊んでくれたり家族で外出したりしたいのですが・・・本人は一週間に休めるのは土日ぐらいだからと午前中いっぱい寝ていて、午後もテレビを観たり一人で外出したり、自分だけの休日です。子どもが育つのはあっという間だよと説得するんですがなかなか響かないようです。世の中はイクメンブーム、周りのおうちのパパがすごく子どもを可愛がっている姿を見て羨ましく、そして私も子どもたちもみじめになります。先を考えると、この人とこのまま一緒にいていいのかなという気持ちにもなります。 こんな夫の心を変えることは、今更できないんでしょうか。
リクエストはできるナビから! >>
「真央ちゃんが好き」

彼女を初めて観た時のことは、今でも鮮明に覚えています。
2005年女子フィギュアスケートのグランプリシリーズ。
初めての出産後、生後一ヶ月の長男を連れて実家に帰り、授乳中にテレビを観ていた時のこと。
ピンクの可愛い衣装をまとった当時15歳の浅田真央選手がリンクの上を妖精のように伸び伸びと舞いながらクルクルクルッ!いとも簡単に(見えました)宙をとぶのです。演技を追えポーズを決めながら「跳べちゃった!」自分さえもビックリというような初々しい満面の笑み。このクルクルクルッが「トリプルアクセル」という名の最高峰のジャンプであることも初めて知ったのでした。
当時授乳のため一日何度となく篭るテレビ&ベッドでキツキツの6畳間。この母子だけの密閉空間から、一瞬のうちに歓声鳴り止まない大興奮のリンクの上へ・・・私を連れ出してくれた真央ちゃん。
すっかり魅せられ、撃ちぬかれてしまったのです。

翌年からフィギュアスケート、主に真央ちゃんのとりことなった私。
秋からから始まるシーズン。グランプリシリーズ、全日本選手権に世界選手権。
放映がある日は手抜き夜ごはんをさっさと済ませテレビの前へ。その日その時ばかりはパパや子どもがぶつくさ言おうがテレビはママのもの。昔、ジャイアンツの試合放映がある時はチャンネル権を絶対に譲ってくれなかった父の気持ちが、今ならわかる。職権乱用、問答無用。でも許して。年に半年間、しかも月にたった数回なんだから。

真央ちゃんの演技が始まると、私は身動きが取れなくなってしまいます。
シニアクラスの大会に登場したばかりの頃は若さと勢いで滑っている印象もあったけれど、一年また一年と年を重ねるごとに、あどけない少女から自分との闘いに挑む女性へと変化していくその表情から目が離せなくなりました。
周囲の注目とトリプルアクセルへの期待、頂点という夢を目指してベストを出し尽くさなくてはならない数分間のプレッシャー。
いつからだったでしょう、私自身はこんな風に自分を追い込み全身全霊をかけて打ち込むことはなくなってしまいました。うーん、母親になる前だってあったかな・・・自信はない。
でも特に今は子育てが自分の限界を決めつけているような窮屈さと言い訳があり、自分のためにひたむきに夢を追い続ける真央ちゃんの姿は、とにかくまぶしいのです。
転んだり歯を食いしばったり声にならない喜びや感動に共感しながら、若い頃の自分にタイムトリップしたように、一緒にオリンピックへの階段を上っていくような感覚を味あわせてもらってきました。

前回の冬季オリンピックが開催された2010年2月は、3番目の子の出産目前。外出先から大きなお腹を抱え走って帰宅し、キム・ヨナ選手との一騎打ちをこぶしを握りながら息を呑んで観戦しました。
あれからも真央ちゃんの試合を欠かさずに観ています。少女だった姿はすっかり凛々しくてしなやかな大人の女性に。一方で私の身体は・・・と鏡を見るのはやめておいて。
初めて彼女に魅せられて8年、新生児だった長男は小学校2年生になり、お腹にいた娘は4歳を迎えます。真央ちゃんとともに歩んできたような子育てがますますファン心をあおっているのは否めませんが。
人生一度は生で真央ちゃんの演技を観るのが夢だけど、オリンピックという大舞台での彼女を応援できるのはもしかしたら今回が最後・・・かも。
だから私も精一杯、全身全霊で祈り、応援するのだ!
がんばって、真央ちゃん!ソチの氷の上で、羽ばたいてね!

(できるナビ編集部:タケハラ)

「子育てのコツ」配信中!チェックしてね!

できるナビTwitter
@DekiruNavi

絵本ナビ
Facebookページ

メールマガジンの購読停止・登録メールアドレスの変更はこちらから

※このメールマガジンの送信元アドレス magazine@ehonnavi.net は送信専用のアドレスですので、メールを送られても発行者には届きません。お問い合わせ等は下記アドレスへお願いいたします。
dekiru@ehonnavi.net

こんなテーマを作ってほしい!など、その他のご意見・ご要望はこちらから

できるナビのメールマガジン
できるナビのメールマガジンは、今週のイチオシ!レシピやレシピ募集中のテーマなど、できるナビサイトから厳選した、編集部からのおすすめ情報をお届けします。
発行:株式会社絵本ナビ
(C)Ehon navi Corporation