できるナビ 2013/11/20発行
できるナビ
投稿数:2,695件
あなたとお子さんを応援する「できるナビ」のメールマガジン。
子育てがもっと楽しくなる
とっておきの「できるレシピ」をお届けします。

どんぐりころころ、どんぶりこ〜♪小さな子はどんぐりが大好きですよね。
近所に自然の多いわが家の子ども達は、毎日のように拾って持ち帰ってきます。よく目をこらすとシュッと長いどんぐり、ぽってりまぁるいどんぐり、帽子をかぶったもの・・・いろいろあって可愛いなぁ♪なーんて油断してると・・・イテテテテテ!
家中にどんぐりころころ・・・足元にも要注意です。
さて今週から、できるナビのクリスマス特集をお送りしていきます。まだまだと思っていてもあっという間にやってくるクリスマス。その日までを親子で楽しむとっておきのアイデアをご紹介していきます。
最後までお楽しみくださいね。

…目次…………………………………………………………………………………
◇ 今週のイチオシ!レシピ
◆ 教えて!レシピ募集中
◇ できるナビinformation
◆ 編集後記
…………………………………………………………………………………………
今週のイチオシ!レシピ
【編集部より】カウントダウンといえば、やっぱりアドベントカレンダー!今はいろいろステキなものも売られていますが、こちらは手作りだそう。毎年使えて愛着もわきそうですね♪
パパ・ママ
毎年 オリジナル アドベントカレンダーを作って親子で楽しんでます。 お菓子に日付をつけて紐でつるすだけ から始まり、去年は祖母にもらったお菓子が入っていたツリーを活用してポケットをつけたアドベントカレンダーを作りました。
by はるのひよりさん(ママ・40代 埼玉県川口市 男の子7歳 女の子4歳)
【編集部より】12月に入ってから本の中のモミの木に1つずつ小さなオーナメントを飾っていくと・・・クリスマス・イブにはステキなストーリーとツリーが待っていてくれますよ。
パパ・ママ
昨年の我が家は、「こぐまのクリスマス」という絵本で盛り上がりました。あまり知られてないようですが、楽しかったのでご紹介します。
by ドキドキパパさん(パパ・40代 東京都渋谷区 女の子10歳)
【編集部より】人気のおもちゃはすぐに売り切れてしまうクリスマス。早めに子どものリクエストを押さえておきたいですよね。子どもの夢を大切にしながら、欲しいものを知るとっておきのアイデア!
パパ・ママ
クリスマス商戦は約1ヶ月前から始まります。直前まで買わずにいると、人気商品は売り切れ・・・なんていう事態に! 子どもの希望のものを確実に手に入れるため、考えた策です。
by かりのさん(ママ・30代 愛媛県松山市 女の子6歳 女の子3歳)
【編集部より】「サンタなんてホントはいないんだよ!」いつか言い出す日が来るかもしれない。そう聞いて「もしや」と疑問を持つことがあるかもしれない。でも大丈夫、やっぱりサンタは・・・いるんです!
パパ・ママ
『サンタクロースを見た人は,いません。けれども,それは,サンタクロースがいないというしょうめいにはならないのです』 この言葉にいつもはっとさせられます。 いつも手元にあって,この季節になると読み返す本です。
by くるしまたろうさん(せんせい・40代 千葉県千葉市 男の子11歳 男の子9歳 男の子7歳 男の子5歳)
【編集部より】「サンタってどこに住んでるの?クリスマス以外は何しているの?」ママ・パパも小さい頃は不思議に思ったもの。もし子どもから質問をされたら、こちらの絵本をどうぞ。「サンタの国」があるんだって!
パパ・ママ
昨年のクリスマス、息子はサンタについて知りたい熱が高まりました。 まだ4歳だったので、本当の説明ではなく夢のある説明をしています。 一通りはこの本で、後は個別の質問に回答していきました。
by ナオミDA45さん(ママ・30代 愛知県岡崎市 男5歳 女0歳)
【編集部より】クリスマス、それは世界中の人々が大切にしている行事です。その由来は小さな子に歯ちょっと難しいけれど、絵本や歌で楽しみながら少しずつ学んでいってほしいですね。
パパ・ママ
私はクリスチャンではありませんが、中学高校とキリスト教の学校に通っていました。小さな子にとっては「クリスマス=イエス様のお誕生日」だけではなく、サンタさんにプレゼントをもらえたり、家族でご馳走を食べて楽しむ日でもあって良いとおもいます。少しずつ知識として蓄積していって欲しいです。
by ファニーママさん(ママ・30代 大阪府河内長野市 女の子4歳 女の子1歳)
その他の新着レシピをみる >>
教えて!レシピ募集中
できるナビからのリクエスト
3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4 / 小5・6 / パパ・ママ
毎年クリスマスツリーを飾っているのに、なんだかパットしない…。子どもと一緒に飾り付けると、尚更ですね(苦笑)。ツリーの形、飾る順番、リボンやオーナメントの位置など、飾り付けには微妙なコツがありそうです。 クリスマスツリーをきれいに飾るコツ、教えてください。
できるナビからのリクエスト
パパ・ママ
クリスマスプレゼント、売切れを心配して毎年早めに用意するのですが…隠しておくのは意外に大変。子どもって勘がいいものでプレゼントの包みがあると「これ、なぁに?」なんて質問に、内心ドキーン! クリスマスプレゼントを当日まで上手に隠す方法、また見つかってもうまくごまかすコツ、教えてください。
リクエストはできるナビから! >>
できるナビ Information
【おしらせ】  特製「チキンスープ・ライスいり」レシピを公開!〜絵本ごはん〜
絵本をめくって「あぁ、おいしそう!」ため息がでちゃうごはんやおやつ。
作ってみたいな、食べたいな・・・誰もがいだくそんな夢をかなえる企画「絵本ごはん」

今回はこれからの季節にぴったりの「チキンスープ・ライスいり」。タイトルを聞いただけで気になっちゃうそのお味は・・・?

◆「ビストロパパ特製 具だくさんチキンスープ・ライスいり」レシピ

教えてくれるのは、注目のパパ料理研究家・滝村雅晴さん
おいしくってあたたかな「絵本ごはん」、
作ったらぜひ写真付きで投稿してくださいね!(詳細はこちら
みんなの「チキンスープ・ライスいり」、お待ちしています!
「それで、いいのだ」

次男と娘の通う保育園では、年に2回「保育参加」というイベントがあります。
日頃のありのままの子どもたちの様子を見て欲しいという園の気遣いで、平日の保育園生活に参加させてもらうのです。特別なことは何もありません。

会社をお休みし、秋の保育参加に参加した日のこと。
「昨日のお散歩で拾ってきたどんぐりで、コマを作りましょう」。
先生の呼びかけに子ども達はやる気満々。頭の部分に爪楊枝をさし、どんぐりには思い思いのものをペンで描いていきます。お母さんもご一緒に、と声をかけられてチャレンジ。
ニコニコお目めのスマイルくん。うん、なかなかかわいく描けたぞ。われながら上出来と眺めていると「すごーい、●●ちゃんのママすごーい!」「じょうずー!どうやったら、かけるの?」
次から次へと子どもたちの礼賛&質問の嵐。なぜか隣にいる娘がドヤ顔です(笑)。小さなどんぐりに絵を描くことは、まだ子どもたちには難しいんですね。顔が描ける子は一握り、あとは不思議な模様になってしまっていたのです。
そぉ?うまい?・・・褒められて私、まんざらでもない。

お昼ごはんをいただいて保育参加から帰る途中、子どもたちは「公園に寄りたい!」。いつもお日様が出てるうちにお迎えには行けないし、たまにはいいよ!
次男と娘、そして公園で出会ったお友達とかくれんぼをすることになりました。次男がオニ。ママと娘たちは大急ぎで隠れます。
「もう、いいかーい?」「もういいよー!」
そもそもかくれんぼという遊びをよくわかっていない3歳の娘は、隠れたつもりがしっかり木からお尻が丸見え。みいつけた!と、すぐに次男につかまってしまいました。
「あれ、ママがいない?ママ〜!?」。
いやいや、君たちに見つかりやすいように、目の前の植栽に隠れてるよ。腰をかがめて、傍から見たら恥ずかしい姿勢だけど。
5分と時間が過ぎていくと、次第に娘の涙声「ママァ〜」。「もしかして、かえっちゃったのかな?!」。
・・・?!んなわけないぞー!「ここ、ここだよ!!」
目の前から仁王立ちで飛び出した私に、喜びと驚きの子どもたち。
帰る道すがらも「ママはかくれんぼじょうずだねー」「どうしたらじょうずにかくれられるの?」。
いやいや・・・フツーでしょ(笑)。でも子どもたちはホンキなんだな、かくれんぼ。

夕方は、学童に寄らずに帰宅した長男と外で遊ぶことにしました。
せっかくなのでなかなか自己ベストを更新できない縄跳びに挑戦。長男のやる気を引き出そうと競争にしました。
20回、30回、40回・・・いい勝負。43回!長男は足を引っかけてゲームオーバー。
一方の私は51、52、53、54・・・63!足より息が切れてギブアップ。よかったー、とりあえず良いとこ見せられた、とホッとしていると。
「ママ、すごいね、縄跳びうまいね。オレ尊敬しちゃったよ」。
いやいやいや、フツーの大人はもっと跳べるはずなんけど。でも・・・すごいことにしておいて、いいでしょうか。

仕事で凡ミスをしたり。帰宅後にシンクに溜まっている食器やたためずに積みあがった洗濯物の山にゲンナリしたり。保育園や学校に出すプリント類を忘れて先生から督促がきたりetc・・・。
うっかりしてます、抜けてます。時間の使い方も要領も悪い。仕事だってまだまだ。
自分のダメさにため息出たり、落ち込んだりするこの頃でした。ホントーにまだまだなのです、ワタシ。
でも「どんぐりコマが作れる」「かくれんぼで見つからない」「縄跳び60回跳べる」・・・子ども達はそれだけでママを、心から褒めてくれる。
大人の基準とは明らかにかけ離れた「すごい」に、心底、救われるのです。
ありがとう。じゃぁ、こんなママでも、いいか!?うん、これで・・・いいのだ!

(できるナビ編集部:タケハラ)
「子育てのコツ」配信中!チェックしてね!

できるナビTwitter
@DekiruNavi

絵本ナビ
Facebookページ

メールマガジンの購読停止・登録メールアドレスの変更はこちらから

※このメールマガジンの送信元アドレス magazine@ehonnavi.net は送信専用のアドレスですので、メールを送られても発行者には届きません。お問い合わせ等は下記アドレスへお願いいたします。
dekiru@ehonnavi.net

こんなテーマを作ってほしい!など、その他のご意見・ご要望はこちらから

できるナビのメールマガジン
できるナビのメールマガジンは、今週のイチオシ!レシピやレシピ募集中のテーマなど、できるナビサイトから厳選した、編集部からのおすすめ情報をお届けします。
発行:株式会社絵本ナビ
(C)Ehon navi Corporation