できるナビ 2013/06/26発行
できるナビ
投稿数:2,529件
あなたとお子さんを応援する「できるナビ」のメールマガジン。
子育てがもっと楽しくなる
とっておきの「できるレシピ」をお届けします。

子ども達の保育園や小学校では、プール開きになりました。
残念ながら梅雨時期の関東地方、予定通りに入れる日は少ないのですが、朝起きて窓から射す陽の光に気づくと「プールだ!」。
とっても嬉しそうな様子に、あぁ夏がもうすぐだなぁと実感します。
さて今週は、雨の季節、子どもと家にこもりがちの毎日にママのストレス溜まっていませんか?先輩ママの経験談に、なんだか気持ちが軽くなります。
最後までお楽しみくださいね!

…目次…………………………………………………………………………………
◇ 今週のイチオシ!レシピ
◆プロの「子育てのコツ」
◇ 教えて!レシピ募集中
◆ 編集後記

…………………………………………………………………………………………
今週のイチオシ!レシピ
【編集部より】子育てをつらいと思ったことがない、というぽこさんママさん。レシピを読むと、その理由がわかりました。ついつい忘れがちなこと、でも心に留めておくと子どもへのまなざしも変わりそうです。
パパ・ママ
それほど子育てが「つらい」と思ったことがない私です。どうしてかな??ああ、そうだ、まわりの人達に甘えているからだ。なんだかすぐ楽しくなってしまうし、子どものこともすぐむぎゅうっとしてしまうからだ。「つらい」と思うことがない状態にさせてもらっているのです。ありがたいなあって思います
by ぽこさんママさん(ママ・40代 長野県長野市 女の子4歳)
【編集部より】お買い物に行ってもつい子どものものを見てしまう・・・わかります(苦笑)。とにかく「自分のため」だけに使う時間がママだって必要ですよね!一人カラオケはストレス発散できそうです!
パパ・ママ
いつもいつもママと赤ちゃんはべったり一緒の時間を過ごしているのでたまには育児を忘れてリフレッシュしたいですよね☆
by うきうきこーんさん(ママ・40代 愛知県大府市 男の子6歳)
【編集部より】赤ちゃんを授かった日の事、わが子を初めて抱いた日の事。この上ない感動でさえ、追われるような子育ての中でつい忘れかけてしまうことが。そんな時に開いて欲しい絵本を、紹介してくれました。
0〜2歳 / パパ・ママ
毎日、毎日、寝ても覚めても、授乳におむつ替えに、だっこ、だっこの繰り返し。こんな日々がいつまで続くんだろう?と、 マタニティーブルーにどっぷり浸かって、抜け出せないでいるお母さんもたくさんいることと思います。
by ガーリャさん(ママ・40代 静岡県 女の子9歳)
【編集部より】どうしても家から出られない日、外に行きたいエネルギーがイライラに変わる前に・・・雑巾がけを始めちゃいましょう!家事もできて体も動かせて親子でスッキリ♪
パパ・ママ
私はペーパードライバー。 梅雨の季節でほとんど家にひきこもりがちのときに、思いつきました。
by えほんまにあさん(ママ・30代 大阪府岸和田市 男の子2歳)
【編集部より】赤ちゃんの成長、病気、生活やママのこと・・・悩みは尽きませんよね。地域の子育て支援や小児科など見回してみるとママのサポートっていろいろあるみたい、まずは一歩踏み出してみませんか?
パパ・ママ
相談できる人がいない中、慣れない子育ては本当に大変だと思います。 今では、様々な場所で子育て支援がされていますので、それを大いに利用してみてはどうでしょうか?
by 秋田小町さん(ママ・40代 東京都小平市 女の子11歳 女の子6歳)
その他の新着レシピをみる >>
プロの「子育てのコツ」
【編集部より】絵本ナビ事務局長・カナガキが絵本おはなし会で必ず聞かれる質問だそうです。多くのママやパパとお話しした経験から、本好きになるには重要なポイントを見つけました。

プロのコツ

金柿秀幸

0〜2歳 / 3〜6歳

by 金柿秀幸 さん((株)絵本ナビ代表)

その他のプロが教える子育てのコツをみる >>
教えて!レシピ募集中
できるナビからのリクエスト
3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4 / パパ・ママ
7月7日は七夕。願いを綴った短冊とともに、星空をイメージする飾りを作ってみませんか。笹の葉に飾るもよし、部屋の片隅に飾っても楽しく気分が盛り上がりそう! 親子で簡単にできる七夕飾りの作り方、教えてください。
できるナビからのリクエスト
0〜2歳
部屋を歩けば絵本につまづきおもちゃを踏んで痛い!出したらお片付けって言ってるのに、片付けた端から出していく子ども達。そしてまた散らかり放題の部屋に逆戻り・・・。 子どもが遊んだおもちゃや絵本をちゃんとお片づけできるようになるコツや方法、教えてください。
みなさんからのリクエスト!
「花丸★キック」さんからのリクエスト
保育園に通う3歳の娘がいます。帰宅が18時を過ぎてしまうので、夜ごはんまでの間お腹が空くのか、すぐにお菓子を欲しがります。食べさせないと強く心を持てばいいんですけど、床に大の字になって大号泣・・・ここまでされるのでついつい、あげてしまうんです。それでまた甘やかしてしまうんでしょうね。でも案の定、晩ごはんの食いつきが悪く、超悪循環です・・・。
リクエストはできるナビから! >>
「わが家のイクジイ伝説」

義母はもちろん、義父にもどれだけ子育てで助けられていることでしょう。
家事やきょうだいに手を取られている時「お父さん、ちょっとお願いします〜」なんて子どもを手渡せば、もう止めるまでずっと遊んでくれるのです。
つみき、ブロック、折り紙、パズルにおままごと、体遊びまでなんでも来い!
高3になる初孫を筆頭に中3、小5になる甥っ子たち、小2、年長、年少のわが子たち、トータル6人の孫達はみんな、、見事にじぃじっ子として育ちました。

ここ数年、じぃじを独占しているのはもっぱら3歳の末娘。義父にとっては待望の初めての女の子です。
「じぃじ、だっこ!」「じぃじ、こっちきて!」「じぃじ、あそぼ!」
「はいはい、今行くよ〜」目尻を下げて、すかさず娘の元へ。
「目に入れても痛くない」という言葉は今のじぃじのために生まれたのではと思うほどです。
その溺愛振りと言ったら書ききれませんが・・・。
「じぃじ、おしっこ!」
娘がそう呼べばトイレにだって連れて行ってくれる。パンツを脱がせておまるに座らせて・・・。
「6人の孫の中で、じぃじにトイレの世話までさせたのはこの子が初めてよ」半分あきれ顔の義母。
確かに子どものお尻を拭く姿・・・までは、かつて見たことがありませんでした。
じぃじを惑わす娘が小悪魔なのか、じぃじが盲目なのか。
いやいや、こんなのはまだ序の口。
さらに私たち家族を驚愕させる出来事が待ち構えていたのです。

義父母が夜ごはんを一緒に食べることになったある日のこと。
娘がお手伝したいというので、一緒に作ったマカロニサラダ。
野菜にゆでたマカロニ、娘がマヨネーズを入れてぐるぐる混ぜ混ぜしたのです。
「これ、じぃじのためにつくったの!たべて〜」しなをつくって勧める娘。
・・・まさか。じぃじが食べるわけがないでしょ。
私、義母、夫の三人の頭によぎったのは全く同じ。
じぃじは、大のマヨネーズ嫌い。
卵サラダもポテトサラダもエビフライも、マヨネーズが付いてる料理は一切口にしない。夫でさえ食べているところを見たことがない、筋金入りのマヨ嫌いです。
一度言ったら譲らない娘は「たべて〜、たべて〜」甘え声でじぃじに迫ります。
いくら娘がそんな声を出したってじぃじを動かすことはできないはず・・・だったのに?!

「●●(娘)がそこまで言うなら、食べないわけにいかないなぁ」
そうつぶやいた次の瞬間には、マカロニサラダをパクリ、パクリと、2口。
ためらうことなく、汁物で流し込むこともなく、ちゃんと噛み締めています。
あんぐりと空いた口がふさがらない私たち。
う、うそ、じぃじが食べた・・・マヨネーズを・・・。
50年もの間、あんなに頑なに嫌われ拒まれ続けてきたのに、3歳の孫のひとこえで手のひらを返されたマヨネーズの立場は、いったい。
(・・・っていうか、実は食べられたんですか!)

孫娘への愛は、どこまで驚異のじぃじ伝説を生み出すのでしょうか。
今後まだまだ家族の期待を超える展開が待っていそうな予感です(笑)。

(できるナビ編集部 タケハラ)
「子育てのコツ」配信中!チェックしてね!

できるナビTwitter
@DekiruNavi

絵本ナビ
Facebookページ

メールマガジンの購読停止・登録メールアドレスの変更はこちらから

※このメールマガジンの送信元アドレス magazine@ehonnavi.net は送信専用のアドレスですので、メールを送られても発行者には届きません。お問い合わせ等は下記アドレスへお願いいたします。
dekiru@ehonnavi.net

こんなテーマを作ってほしい!など、その他のご意見・ご要望はこちらから

できるナビのメールマガジン
できるナビのメールマガジンは、今週のイチオシ!レシピやレシピ募集中のテーマなど、できるナビサイトから厳選した、編集部からのおすすめ情報をお届けします。
発行:株式会社絵本ナビ
(C)Ehon navi Corporation