できるナビ 2013/03/27発行
できるナビ
投稿数:2,193件
あなたとお子さんを応援する「できるナビ」のメールマガジン。
子育てがもっと楽しくなる
とっておきの「できるレシピ」をお届けします。

東京はお花見シーズン真っ盛り。
満開の桜のアーチを見上げていると、忙しさとかイライラとかぜーんぶ吹き飛んでいってしまいます。あぁ、桜って、春っていいなぁ…。
見とれるのもつかの間「ママー、草だんご食べたい!桜もち食べたい!」。
はいはい、やっぱり君たち子どもは花より団子よね…と言いつつ、やっぱり大人も団子は欠かせないんですけどね(笑)。
さて今週は、いよいよ入園・入学カウントダウン。子どもの気持ちのフォローや新生活をスタートするコツ、ご紹介します。
最後までお楽しみくださいね。

…目次…………………………………………………………………………………
◇ 今週のイチオシ!レシピ
◆ 教えて!レシピ募集中
◇ できるナビinformation
◆ 編集後記
…………………………………………………………………………………………
今週のイチオシ!レシピ
【編集部より】入園当初、ママ・パパと別れるのが不安で泣いてしまうのはどんな子も通る道。朝の支度をしながら自然に気持ちの準備ができていく、保育士ママさんならではの子どもに寄り添ったレシピ!
0〜2歳 / 3〜6歳 / パパ・ママ
私は保育士ママで、我が子を2歳で保育園に入れ、別の保育園で働いていました。 保育士としては慣れてても、やはり我が子が泣くと辛いもの。2カ月くらいは毎日泣かれました。 泣くのは親子の絆の証!でも、泣かないに越したことはないですよね。少しでも別れが楽になるよう、こんなことをしました。
by ゆむままさん(ママ・30代 愛知県名古屋市 女の子4歳 男の子0歳)
【編集部より】こちらも、登園する時に子どもが号泣してしまったら…のコツ。指に描いたママやパパの分身が、お守りがわりに!
0〜2歳 / 3〜6歳 / パパ・ママ
号泣しそうな時は なんとなくそれらしき前兆があるようです。それを察知したら泣く前に先手を打って。
by モーティさん(ママ・40代 静岡県田方郡)
【編集部より】これまでの世界とは全く違う小学校生活、子どもも不安は大きいですよね。登場人物に自分を置き換えながら「学校に行ってみようかな」と自然に気持ちが向かっていく、絵本は魔法のアイテムです。
3〜6歳 / 小1・2
現在小学二年生の長男が、入学したての頃、やっぱり「いやだ〜、ママと一緒がいい〜!」と号泣しまくって困っていたときに、ばあばが本屋さんで見つけてきてくれた、一冊の絵本。 「ぜったいがっこうにはいかないからね」というタイトルなのに、何故か学校に行きたくなる、不思議な絵本です!
by ひろちゃままさん(ママ・40代 神奈川県横浜市 男の子7歳 男の子5歳)
【編集部より】寝かしつけには脈拍数に合ったリズムの絵本や音楽を選ぶこと、さらには朝起こす時の声かけ一つで子どもが自ら目を覚ます?!「なるほど〜」なアイデアです!
3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4 / 小5・6
早起きするには、早寝が一番スムーズです。 なのでまずは、早寝の裏技から・・。
by ローサさん(ママ・40代 埼玉県戸田市 男の子)
【編集部より】毎朝「早くしなさい!」とイライラ怒らなくても、一人で支度ができるようになってほしいものです。イラストや時計入りの「やることリスト」で、準備の流れをわかりやすくしてあげましょう!
3〜6歳
いつ、何をしなければならないのか、一つ一つママに言われなくてもわかるように、「やることリスト」を作りました。
by Love_koさん(ママ・30代 神奈川県横浜市 女の子5歳 男の子2歳)
その他の新着レシピをみる >>
教えて!レシピ募集中
できるナビからのリクエスト
パパ・ママ
大きくなるにつれどんどん激しくなるきょうだいゲンカ。思わず上の子を叱ってしまい、更に関係を悪化させてしまった・・・なんて経験もありますよね。 親が中立な立場でケンカをおさめる方法、ないでしょうか。
できるナビからのリクエスト
0〜2歳 / 3〜6歳 / パパ・ママ
家族、親戚、友人知人の結婚式。せっかくのお呼ばれ、心からお祝いしたいのに引かっかるのは子ども。式の間に泣いたらどうしよう?披露宴飽きずに過ごせるかしら。そもそも何を着せてけばいい? 子連れで結婚式に出る時のコツ、教えてください。
みなさんからのリクエスト!
「ゆみみんマミー」さんからのリクエスト
現在、離乳食とミルクを飲んでいる娘(1歳)がいます。ママ友や家族からの誘いが増えてきたので、そろそろ外でごはんデビューしたいな、と思っています♪ どんなジャンルのお店のどんなお料理なら、1歳の赤ちゃんも一緒に楽しめるでしょうか。 離乳食(完了期)の赤ちゃんと外食するお店選びのコツ、教えてください。
リクエストはできるナビから! >>
できるナビ Information
【おしらせ】  お花見は手作り弁当持参派?買う&外食派?
参加型コンテンツ「みんなの投票 あなたはどっち?」。
現在募集中の質問は…
「お花見は手作り弁当持参派?買う&外食派?」

桜を眺めながら家族や仲間たちと食べるごはんは美味しさひとしお!でもお弁当作りは朝から早起き、時間に追われてプレッシャー。桜の名所の出店は魅力的だし、たまには桜を楽しみながら外食も憧れちゃう。
みんなはどっちか、ちょっと聞きたい!
3月20日(水)〜4月2日(火)まで投票受付中。
あなたの一票、お待ちしていまーす!(サインイン不要です)
投票はこちらから⇒ 「みんなの投票 あなたはどっち?」

前回の質問は「3.11後、地震・災害のための防災対策をしている?していない?」でした。

気になる回答結果は…
している 76% していない 24%

震災が日頃の防災対策を見直すきっかけとなり、多くの方が食べ物や必需品を常備しているようです。電池の準備や家族との連絡手段の設定をされている方が多いのも印象的でした。
たくさんのご回答、ありがとうございました!
「桜の下の記憶」

満開の桜の並木道の下を、右に祖父、左に祖母と手をつなぎながら歩いています。
突然「おじいちゃんなんかきらい、大きらい!ついて来ないで!」
祖父だけをのけ者にして必死に追い払い、祖母と立ち去ろうとします。
明治生まれの寡黙な祖父は、そんな小さな子どもの癇癪にも動じない様子でマイペースに後ろを歩き、
そんな祖父にひたすら嫌い嫌いと泣き喚く私、隣の祖母は仕方ないわねぇという表情で苦笑いしていて…。

時々夢に出てくるこの光景、自分が何歳だったのかも覚えていないのですが、それは夢ではなく現実の出来事だったという記憶だけは確信が持てるのです。
祖父に「大嫌い」と言い放った抑えきれない感情のたかぶり、その後どうしてあんなことを言ってしまったんだろうと何度となくめぐる後悔、幼い心にチクチクと感じた“感覚”だけは、不思議と今も蘇ってくるのです。

先日実家に帰ったときに、思いきって母に聞いてみました。
おじいちゃんおばあちゃんとのこんな記憶があって、今でも時々思い出すんだけど…何か知ってる?
「そういえば、おばあちゃんがお花見のこと、話していたわ」埋もれていた記憶を辿るように、母は当時のことを語ってくれました。

今から30年以上前、私は3歳。
生まれたばかりの弟に手いっぱいの母、私の面倒はどうしてもおざなりになっていました。私の赤ちゃん返りは日増しに激しさを増し、しまいには授乳中の母の背中を思いきり蹴ったのだそうです。
さすがにこのままではいけないと、母は祖父母に頼んで、私をお花見に連れて行ってもらうことにしました。
母にしてみれば、祖父母と過ごす中で弟へのやきもちや寂しさを少しでも紛らわすことができたら、と思ってのこと。
そんな思いを私は受け止められず、心に抱えていたやりどころのない感情を祖父にぶつけてしまったようなのです。

「それにしてもよくそんな昔のこと、覚えてたわねぇ」と母。
ホントに不思議ですが、祖父が亡くなって30年も経つのにあの日の言動はずっと心の片隅に引っかかっていました。
大人になって考えれば些細な出来事、でも3歳の心には消えない痛みが刻まれたのでしょう。

今日も楽しそうに笑い転げて遊ぶわが子達を見て、ふと思います。
この子達の記憶に今日という日、今という時間はどんな風に刻まれていくのかな。
流れるように過ぎる毎日は時とともに薄れていくでしょうが、それでも小さな記憶の中に、家族や友達とのどんなエピソードが残っていくんだろう。
彼らと振り返っている30年後のひとときを、少しだけ想像してみたりするのでした。

(できるナビ編集部 タケハラ)
▼メールマガジンの購読停止・登録メールアドレスの変更はこちらから
https://www.ehonnavi.net/mailmaga.asp

※このメールマガジンの送信元アドレス magazine@ehonnavi.net は送信専用のアドレスですので、メールを送られても発行者には届きません。お問い合わせ等は下記アドレスへお願いいたします。
dekiru@ehonnavi.net

▼こんなテーマを作ってほしい!など、その他のご意見・ご要望はこちらから
http://www.dekirunavi.net/inquiry.asp

できるナビのメールマガジン
できるナビのメールマガジンは、今週のイチオシ!レシピやレシピ募集中のテーマなど、できるナビサイトから厳選した、編集部からのおすすめ情報をお届けします。
発行:株式会社絵本ナビ
(C)Ehon navi Corporation