できるナビ 2013/03/20発行
できるナビ
投稿数:2,234件
あなたとお子さんを応援する「できるナビ」のメールマガジン。
子育てがもっと楽しくなる
とっておきの「できるレシピ」をお届けします。

東京では桜が咲き始めました。例年より10日以上早いんだそう。
お花見といえばいつも4月に入ってからだし、卒業式や入学式ともズレてしまうし、今週末から満開と聞くとちょっと焦ってしまいますね。
でも桜開花となればようやく春本番!この暖かで優しい季節を家族やお友達と満喫しましょうね。
今週は、新生活スタートに合わせ新しいママとの出会いも増える時期。ママ友達とのお付き合いについて特集します。みなさん、いろんな経験をしてさまざまなご意見を持っていますよ。
最後までお楽しみくださいね!

…目次…………………………………………………………………………………
◇ 今週のイチオシ!レシピ
◆ 教えて!レシピ募集中
 できるナビinformation
◆ 編集後記
…………………………………………………………………………………………
今週のイチオシ!レシピ
【編集部より】引越しや入園・入学などママ友作りも一からスタートさせなくてはならない時、まずは積極的に声をかけてみましょう。何気ない会話のきっかけ、ぜひ試してみてください!
パパ・ママ
小学校入学を機に引越。 はじめての土地で、知り合いが誰もいない小学校生活スタート。 ママ友がいなくてママもドキドキでした。 まずは笑顔で積極的に話しかけるところからスタートです。
by Love_koさん(ママ・30代 福岡県春日市 女の子6歳 男の子3歳)
【編集部より】ママだって人間、苦手な人はいるものですよね。ママの友達じゃなくて子どもの友達のママ「友ママ」。そう思うと少し気が楽になります。
パパ・ママ
私も決してうまく渡り歩いている訳ではありませんが、いろいろ経験して感じたことを書いてみますね。
by うきうきこーんさん(ママ・40代 愛知県大府市 男の子5歳)
【編集部より】年上、年下が壁になっている時に最初の一歩を踏み出すには、園や学校の役員活動がいいかも!一緒に仕事をしながら、自然に会話が弾んで打ち解けられそうです。
パパ・ママ
普通に子どもを幼稚園や保育園に通わせているだけでは、他の子どものママともなかなか仲良くなりにくいですよね。 仲良くなるために、PTAの役員をやってみてはいかがでしょうか。「年齢差のあるママ」とではなくて「他の子どものママ」と仲良くなれる、ということになるのかなあと思いますけれど♪
by ぽこさんママさん(ママ・40代 長野県長野市 女の子5歳)
【編集部より】子どもが赤ちゃんだったり未就園児の時が、ママ友を作るのが一番大変。ショッピングモールの育児相談や習い事など、子どもと気軽に行ける場所できっかけを見つけてみましょう!
パパ・ママ
我が家も転勤族なので、引っ越した後の孤独は付きものです。 私が克服した未就園児の場合の方法を書きますね。
by みっちー77さん(ママ・30代 愛知県名古屋市 男の子8歳 女の子3歳)
その他の新着レシピをみる >>
教えて!レシピ募集中
できるナビからのリクエスト
パパ・ママ
出産や七五三、入園・入学祝いをいただいたら、お祝い返しをしたいと思います。でもだんだんマンネリになってきてしまって。子どもがいると買い物する時間も限られてしまいますしね。 喜んでいただける気の利いたお祝い返しを贈るコツ、教えてください。
できるナビからのリクエスト
パパ・ママ
まだまだ園児気分のわが子。4月から入学、本当に大丈夫かしら。ランドセルを背負って小学校ちゃんと通えるかな。授業をちゃんと聞けるかな・・・でもママが心配ばかりしていると不安が子どもにも伝わっちゃいますよね。 子どもの小学校入学への不安をママが乗り越えるコツやアドバイス、教えてください。
みなさんからのリクエスト!
「チャチャチャ★まま」さんからのリクエスト
【チャチャチャ★ままさんからのリクエスト】 現在4歳8ヶ月の子がいるママです。もう随分前から二人目が欲しいと頑張っているのですが、なかなか授かることができません。仲の良いママ友仲間は、二歳差、三歳差で二人目が生まれていて、おめでたい反面、正直心の中では焦りと羨ましさとで葛藤しています。気持ちばかりが先に行き、夫や子どもにあたってしまう自分に自己嫌悪しています。 こういう質問をさせていただくのは忍びないのですが、同じような体験をされている方、どんな風に過ごされているか、聞きたいです。
リクエストはできるナビから! >>
できるナビ Information
【おしらせ】  子育てや教育の専門家に聞こう!「プロの子育てのコツ」
できるナビでは、新コンテンツ「プロの子育てのコツ」 をリリースしました!
これから育児・教育分野の専門家やプロ、企業によるさまざまなハウツーやアイデアをご紹介していきます。
今週は子ども向けスポーツ事業を全国展開している「スポーツデータバンク」さんに聞く、逆上がりのコツをご紹介!

「逆上がりができるようになるコツは?」 のレシピ
「1、2、3」のリズムにのって回ろう!
by スポーツデータバンクさん

>>「プロの子育てのコツ」一覧をみる   
「色褪せない仲間たち」

「久しぶりに同窓会を開きませんか?」
大学時代の4年間、ほぼ毎日をともに過ごした7人の友人グループの一人から連絡をもらいました。
個々で会ったり年賀状のやり取りはしているけれど、誰かが忙しかったりドタキャンになったりして、最後に全員で会ったのは10年前。
仲間の一人が仕事で海外転勤になるのをきっかけに、思い切って集まることにしたのです。
赤ちゃんがいる友もいて、わが家に来てもらうことにしました。

駅で待ち合わせ、手を振りながら駆けつけると普通に「久しぶり〜」の会話で始まります。
何だか昨日も教室で会っていたかのような感覚…1日も10年も15年も、関係ないんだろうか、人って。

それでもおしゃべりが弾む中でそれぞれの状況はずいぶんと変わっていました。
怒ったところを一度だって見たことのない穏やかな〇〇ちゃんが、今やヤンチャな男子高校生を相手に教鞭を振っているとか。
昔から音楽好きだった●●ちゃんは、趣味が高じて和太鼓奏者のセミプロになっているとか。
ひょうきんで旬のお笑いタレントの物まねははずさない■■が、ママになってて今は赤ちゃんを笑わせてる。

ホントはしわや脂肪や白髪がポチポチ増えているはずなんだけど「変わってないね〜」なんて調子よく盛り上がりつつ、
それでも7人それぞれの10年には出会いや転機があり、幸せあり、そして不幸もあったことを知り。
会えなかった時間を物語るかのように、目の前の風景には赤ちゃんから小学生まで、メンバーの子どもたちが仲間入りしています。
…不思議、だね。

スマホもケータイも、メールもソーシャルネットワークサービスもなかった時代。
待ち合わせに遅れるときは、駅の伝言板を使っていたっけ。
話に花が咲くと、喫茶店のコーヒー一杯で4時間も粘ったこともあったな。
アナログですれ違いも多かったけど、密度の濃い時間を過ごした仲間たち。
育児に追われて疎遠になりがちだったのに、思い出はちゃんと色褪せずに残っています。

あっという間の5時間。
「みんな忙しいけど時々は集まろうね〜!」また明日会えるんではと錯覚してしまうくらい自然に解散しました。
しばらくして友人の一人からメールが。
「この10年、それぞれが毎日、精一杯生きてきたんだと思います。」
うん、ホントに。きっとこれからも私たちみんな、そんな毎日を過ごしていくんだろうね。

(できるナビ編集部 タケハラ)
▼メールマガジンの購読停止・登録メールアドレスの変更はこちらから
https://www.ehonnavi.net/mailmaga.asp

※このメールマガジンの送信元アドレス magazine@ehonnavi.net は送信専用のアドレスですので、メールを送られても発行者には届きません。お問い合わせ等は下記アドレスへお願いいたします。
dekiru@ehonnavi.net

▼こんなテーマを作ってほしい!など、その他のご意見・ご要望はこちらから
http://www.dekirunavi.net/inquiry.asp

できるナビのメールマガジン
できるナビのメールマガジンは、今週のイチオシ!レシピやレシピ募集中のテーマなど、できるナビサイトから厳選した、編集部からのおすすめ情報をお届けします。
発行:株式会社絵本ナビ
(C)Ehon navi Corporation