できるナビ 2012/11/14発行
できるナビ
投稿数:2,000件
あなたとお子さんを応援する「できるナビ」のメールマガジン。
子育てがもっと楽しくなる
とっておきの「できるレシピ」をお届けします。

週末は、かわいい着物姿にはしゃぐ女の子や、千歳飴にスーツ姿でも走り回る元気な男の子…恒例の七五三の光景を目にしました。
バタバタと慌ただしかったり、子どもが思うように行動してくれなかったり…そんな「やれやれ〜」な出来事も、晴れの日の楽しい思い出に加えられるのでしょうね。
わが家の5歳の息子、2歳の娘も来週です。
さてさてどんなハプニングが待っているやら…心しつつ、楽しみにしつつ。
今週は、寒い季節のお子さんとの遊びのアイデアをご紹介します。最後までどうぞお楽しみくださいね!

…目次…………………………………………………………………………………
◇ 今週のイチオシ!レシピ
◆ 教えて!レシピ募集中
 できるナビinformation
 編集後記
…………………………………………………………………………………………
今週のイチオシ!レシピ
【編集部より】園の送迎は歩きで、お散歩を兼ねちゃおう!体も温まるし、子どもとゆっくり話ができる時間。園時代のかけがえのない思い出にもなりますね。
0〜2歳 / 3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4 / 小5・6 / パパ・ママ
子どもが公園で遊ぶのを見ているだけだと、自分が寒いしつまらないので、天気がいい日は1〜2時間程度の散歩を一緒にしています。 通ったことのない道をあえて通り、子どもにとってはちょっとした冒険のようです。
by Love_koさん(ママ・30代 福岡県春日市 女の子5歳 男の子2歳)
【編集部より】壁一面に描きたい!という子どもの夢を叶えてあげる遊び。準備をきちんとすれば汚れません。さぁ家族みんなで、Let's お絵かき!
0〜2歳 / 3〜6歳
誕生日にクレヨンをプレゼントされて 大喜びのチビ。 ところがクレヨンを持つなり 画用紙に描かずに折ったり、顔や壁につけたりと、ちょっと困った使い方ばかり。そこで・・・
by モーティさん(ママ・40代 静岡県田方郡)
【編集部より】思いきり体を動かして遊べれば、子どもは家の中でも大満足!牛乳パックやタオル…家にあるものを工夫すれば、こんなにいろんな遊びができるんですね。
3〜6歳 / 小1・2 / 小3・4
娘は身体を動かすのが大好きです。 公園や幼稚園では思い切り走り回っています。家では工作やお絵かきが大好きなのですが、一日中家の中でじっとしているのは苦手。 雨の日はこんな遊びで運動能力アップしています。 (4歳の娘を中心に書いていますが、1歳の娘でも出来るものもあります。)
by ファニーママさん(ママ・30代 大阪府河内長野市 女の子4歳 女の子1歳)
その他の新着レシピをみる >>
教えて!レシピ募集中
できるナビからのリクエスト
パパ・ママ
待ち遠しいクリスマス。その日がやってくるまでの時間も、ウキウキワクワクできるのがまたいいところ。子どもの気分を更に盛り上げる、クリスマスに向けたカウントダウンの楽しいイベントや遊び、教えてください!
できるナビからのリクエスト
パパ・ママ
「どうしてそんなことするの?」「なんでこんな事もできないの?」…気がつけば声を荒げている自分。こんな風に怒りたくないのに、ちゃんと子どもと向き合いたいのに、どうしても言葉が先に出ちゃう…ごめんね。 感情をおさえて冷静に子どもを叱るコツやアドバイス、教えてください。
みなさんからのリクエスト!
「できるナビユーザー」さんからのリクエスト
漢字を楽しく覚えるコツは?」教えてください!
【ユーザーさんからのリクエスト】 小学校6年間で学ぶ漢字は、1,000字あります。でも辺やつくりが複雑だったり、音読み・訓読み、書き順…正しく身につけるのは子どもにとっても大変だし、だんだん嫌になっちゃうことも。 遊びの中で楽しく覚えられたら、スイスイ覚えちゃんですが… 漢字を楽しく覚えるアイデアや方法、教えてください。
リクエストはできるナビから! >>
できるナビ Information
【おしらせ】  「できるレシピ」が2,000件になりました!
2011年8月にサイトオープンし、1歳の誕生日を迎えた「できるナビ」。
全国のママ・パパから寄せられた子育てのコツ「できるレシピ」は、2,000件に達しました!!

2,000件目に掲載されたのは

投稿者リリィティナさん(ママ・30代 その他カナダ 男の子8歳)
「1歳の子が遊ぶ(安全な)おもちゃを簡単に手づくりするコツは?」のレシピ
★:空き缶とカードでなぜか夢中

リリィティナさん、ありがとうございます!

みなさんもぜひ、あなたの子育てから生まれた「できるレシピ」をお寄せくださいね!
心よりお待ちしています!
「明けない夜はない」


本当に私は何年母親をやっているんだろう…という、反省と後悔の念に駆られることが、度々あります。
子どもが病気にかかった時もそう。
あの時こうしていれば未然に防げたんじゃないか、つらい思いをさせずに済んだのでは…
時すでに遅し、なのですが、振り返ってみるとちょっとした気のゆるみが原因だったことに、後悔してもしきれなかったり。

昨日もそうでした。
朝からコンコンと、少し咳をしていた次男。
でも熱もないし食欲もあるし、休むのはもったいない!と、背中を押して習い事のスイミングに行かせたのです。
この判断を見誤りました。
帰宅後、咳が頻回になり、遊んでいてもむせることが増えてきました。
夕食の時間になると、咳こんで「ごはん、食べたくない」。

ぜん息だ…。

次男はぜん息を持っています。2歳前に、こじらせて入院したこともありました。
「くるしいよー」「やだよー、ねたいよー、ママァー」
深夜、咳で息苦しくて眠たくても寝付くことができず、布団の上で泣きながらのた打ち回っています。

ごめんね、ホントにごめん。
常備薬を飲ませ、自宅用の簡易吸入をしてしまうと、もう今の私のできることは何もありません。
息苦しそうにもがく息子を、ただただ布団の中でギュッと抱きしめながら、彼が眠りにつくのを見守ることしかできませんでした。

翌朝すぐに受診をし、病院で本格的な吸入をしてもらうことになりました。
別室で次男を膝に乗せ、口に器具をあててゆっくり処置をしていると、息子の呼吸が少しずつ穏やかに楽になっていくのがわかります。
ホッとして気が抜けた瞬間、横にいた看護師さんが声をかけてくれました。
「お母さんもよくがんばったわね、昨日は寝れなかったでしょ。今晩はゆっくり休んでね。」

何気ない、でも優しい労いの言葉に、張っていた気持ちの糸が切れて涙が出そう。
そう、苦しむ息子の傍らでウトウトしては、このまま私が眠っている間に何かあっては…と自分を奮い立たせ、ほとんど一睡もできない夜だったのです。

待合室に戻ると、やつれた表情をしたお母さんたちが、ぐずる赤ちゃんやぐったりした子どもを抱えながら待っています。
同じように眠れない夜を過ごした人も、きっといるのかな。

日々、家族の体調管理に気をつけていても病気にかかることは避けて通れませんね。私たち・母親にできることにも限界があります。
でも大丈夫。病気がピークのときは長いトンネルを歩いているような気持ちになりますが…明けない夜は、ない。
だから子どもたちの体調が戻ったら、お互い一息つきましょうね、お母さん。


(できるナビ編集部 タケハラ)
▼メールマガジンの購読停止・登録メールアドレスの変更はこちらから
https://www.ehonnavi.net/mailmaga.asp

※このメールマガジンの送信元アドレス magazine@ehonnavi.net は送信専用のアドレスですので、メールを送られても発行者には届きません。お問い合わせ等は下記アドレスへお願いいたします。
dekiru@ehonnavi.net

▼こんなテーマを作ってほしい!など、その他のご意見・ご要望はこちらから
http://www.dekirunavi.net/inquiry.asp

できるナビのメールマガジン
できるナビのメールマガジンは、今週のイチオシ!レシピやレシピ募集中のテーマなど、できるナビサイトから厳選した、編集部からのおすすめ情報をお届けします。
発行:株式会社絵本ナビ
Copyright(c) 2011 できるナビ All Rights Reserved.