• 子どもに絵本を選ぶなら 絵本情報サイト 絵本ナビ
  • 絵本の定期購読サービス 毎月お届け 絵本クラブ
  • 子どもに本・教材を選ぶなら「まなびナビ」学ぶ喜びをお届けします
  • 子どもの「できる」をみんなで応援する できるナビ
  • 絵本引取サービス ハッピーリユースプログラム
みんなでつくる子育て百科、できるナビ by 絵本ナビ
絵本ごはんコンテスト2014   絵本ごはんコンテスト2014
  • ホーム
  • みんなのできるレシピを探す
  • レシピ募集中
  • 未就学児
  • 0・1・2歳
  • 3・4・5・6歳
  • 小学生
  • 小学1・2年生
  • 小学3・4年生
  • 小学5・6年生
  • パパ・ママ

できるナビホーム > 日々の子育てでストレスを溜めないコツは?

シェアして! みんなの子育て体験

子どもはかわいい、子育ては楽しい!・・・だけど育児書通りに挑戦してもうまくいかない、思い通りにならないこともいっぱい。きっと子どもの数、親の数だけ、子育てのスタイルがあるのではないでしょうか。
ここではママ・パパなら誰もが通る育児のお悩みについて「こんなふうにしたらうまくできたよ」というエピソード、クスッと笑っちゃう失敗談、使ってみたら役にたったアイテムなど、みなさんから寄せられたわが家の子育て体験談をご紹介します!

テーマ:日々の子育てでストレスを溜めないコツは?

あぁ、なんかイライラする。子どもに当たってばかりいる…ちょっと冷静に振り返ってみれば、それはストレスが原因。
子ども中心の生活、自分の好きなこともできないし、子どもはわがまま放題、好き放題。
そりゃぁ、溜まります、ストレス。
日々の子育てでストレスを溜めないコツや方法、ありますか?

  • 編集部T

    はじめまして、できるナビスタッフ・Tです。現在7歳、5歳、3歳の子どもがいるママです。
    今回の企画のテーマは育児ストレス。もう自分自身が毎日真っ只中にいて、始める前からしきりに共感、無駄にうなずいちゃってます。
    私もここでいっぱい笑って涙してストレスを解消していこう!どうぞよろしくお願いします!

  • 編集部S

    はじめまして!同じく、できるナビスタッフ・Sです。入社2年目の新人です。
    みなさんから育児ストレスの解消方法、エピソードなどがたくさん集まって「ママ(パパ)って大変!」と勉強させていただいています(結婚の予定はありませんが…苦笑)。
    将来、すてきなママになれるようがんばりますー!

  • 編集部T

    子どもがいないSさんにも読み応えは十分だと思うよ! それでは、この2人でお送りしていきます。
    さて最初にご紹介するのはイライラしちゃった時のエピソード。「あるある!」から思わず吹き出しちゃうものまで!

みんなの体験談

  • ママ・30代
    青森県

    ベタですが・・・ イライラしちゃうときは数分でもトイレにこもる!(子供の安全は確保してから。誰かほかに見ていてくれるとか、テレビに夢中とか)
    そして落ち着いたら出ていく。どうせ心配ですぐ出てくるはめになりますが。

  • ママ・40代
    兵庫県

    ストレスを感じたら、何もかもほったらかしにします。子供の好き勝手させて、ご飯も手抜き、寝かしつけもせず、子供は眠くなるまで遊び放題・・ その間に自分はゆっくり好きなことをしています。
    1日くらい部屋の中がぐちゃぐちゃでも、食事の栄養バランスがとれていなくても、寝る時間が守れなくてもいいんじゃないでしょうか。次の日には、よ~し!頑張るぞ~!って気になりますよ。

  • ママ・40代
    埼玉県

    テレビを見て「あれ欲しい、あれ買って~」というのがブームな時がありました。最初の頃はまともに受け答え(お誕生日にね、とか…)してましたが、ある時ふっきれまして。
    「ママも欲しい!」大きな声で言いました。娘びっくり。その後「あれ、いいよね~」「欲しいよね~」という会話に発展。実際に買う話にはならず「いいよね~」っていう話をするだけで満足した娘。
    「欲しい」って、実際に手に入れるんじゃなくて「欲しい」気持ちを解ってもらいたいって事だったんです。
    私も子どもになったつもりで大きな声で「欲しいなあ!」連発。結構気持ち良かったです。
    今の「あれ欲しい」には、この作戦は通用しません。今は娘も高校生。

  • ママ・50代
    兵庫県

    一人目の子どもを育てている時は何でも手探りの子育てで、育児書に載っているようにならないとついイライラ。
    親子で煮え詰まっているときにやったことは、一緒に新聞紙をビリビリにめちゃくちゃに破りまくる事。
    一部屋限定でめちゃくちゃに粉々に破いてばらまいたら、不思議と気持ちもすっきり。
    それで子どもと雪あそびごっこをして、最後には、おもちゃのバケツにたくさん集める競争をしてすっきりお片づけ♪上手にできたらぎゅーって抱っこして仲直りしてました。

  • ママ・30代
    新潟県

    「お風呂入ろう、歯磨きしよう、トイレ行こう、ご飯食べよう」などに対し「ヤダ」のヤダヤダ期。
    初めはつい怒鳴ってしまいましたが、怒鳴ってもやらないし解決しない。 余計イライラ。
    そこで「○○ちゃんと一緒にお風呂はいりたいな」「一緒にトイレ行きたいな、どっちが先にする?待っててくれる?」 など必要としていることをアピールしたら、おもしろいほど全てうまくいきましたし「単純でカワイイ」とイライラがクスっ笑えるようになりました。

  • ママ・40代
    東京都

    いつでもわらべうたを歌いました!ゆったりしたリズムと穏やかな節回しで、自然と気持ちがやわらぎます。イライラしている時ほど歌いました。
    ずっと繰り返し歌えるし、わらべうたを歌いながらカリカリと怒ることはできません。
    同様に、子守歌(心が洗われるような美しいメロディーのもの)もたくさん歌いました。 無理矢理でも歌うと、歌っているうちにイライラスイッチがオフになって、自分も子供も落ち着きます。

  • ママ・30代
    大阪府

    できてないときよりも、できたときに言葉がけをする。
    してほしいことを自分からしたときに、たくさん喜んで褒めたら、次からも自分で行動できてスムーズになった。

  • ママ・30代
    群馬県

    せっかく取ってきた金木犀の花をちぎって遊んでいるのを見て、旦那は「こらー!」ってなってたけど、私は可愛いなと思って写真を撮りました。
    思い出にも残るし、悪い事も危ない事以外なら少しは許してもいいのだと思います。
    ストレス発散はお友達とお話ししたり、好きな音楽をイヤフォンで聞いたり、たまには旦那や祖父祖母に甘えて一人の時間を作る事だと思います。
    あと、定期的に赤ちゃんの時の写真を見返したりすると初心に帰れて良いかもね。

  • ママ・40代
    兵庫県

    私が子育てをしていてストレスを溜めないのは、子供と一緒に絵本を読むことです。
    子供がなかなか言うことを聞かないと最初は我慢をしていても、最後にはつい怒ってしまいます。
    子供は怒るよりほめて育てた方がいいと本に書いていましたが、やはり我慢にも限界があって、怒ってしまった後には「また怒ってしまった。」 と自己嫌悪に陥ったりします。そんな時に私の心を癒してくれるのは『絵本』です。
    絵本は見ているだけでも心が落ち着きます。そして、子供と一緒に絵本を読んで仲直りをします。
    絵本は子育てに必須なものです。

  • ママ・30代
    スイス

    私にとって夫の協力は欠かせません!! 日本の男性はもっと奥さん孝行をするべきです。仕事から帰ってきても夫は食事の後片付けから、息子の寝る支度まで(3歳になり寝かしつけ不要)やります。もちろん毎日。
    朝食の支度も2人でやるし、休みの日は食事以外は彼の担当になっているような… 毎日バタバタしている中、夫が積極的になんでもやってくれるのが、私の精神状態をよくしてくれるのか子育てにイライラなし!!
    息子が夫の膝の上に座り、絵本を読んでもらっている2人の背中を、コーヒーを飲みながら見るのが、私のほっこり幸せな時間。

  • ママ・30代
    千葉県

    ストレスは、日々積もるもの。平日は、家事もあり、子育てもあり、仕事もあり、バタバタですが、休日はパパにご飯を作ってもらいます!
    私は子供と思いっきり遊びます!!子供に戻ったような気持ちで、思いっきり体を動かすとスッキリします!
    寒い日なんかは、『いやだな~』と思っているのですが、本気で遊ぶと、ポカポカだし、楽しい!!
    滑り台も、鉄棒も、ジャングルジムも追いかけっこもします。体を動かすのが一番すっきりします!!一緒に遊んであげた、充実感もあります。そして夜子供は、すぐ夢の中~。
    夜も自分の時間ができたりして、一石二鳥です。

  • ママ・30代
    埼玉県

    パパにお風呂~寝かしつけすべて任せて近所のスーパー銭湯で岩盤浴とマッサージ♪かなりリフレッシュします!!!

  • 編集部T

    子どもと一緒になって「ママも欲しい!」と言い合ったり、新聞ビリビリしたり・・・これはいいよね、そもそもイライラの原因なんかすっかり忘れちゃいそう(笑)。
    協力的なパパさんも羨ましいなぁ・・・もうこんなパパさんがいてくれるだけで、子育てのストレス半分は減りそうです。

  • 編集部S

    新聞ビリビリは、個人的にやってみたいです(笑)。歌をうたっちゃうって、ママも子どもも楽しくていいですね!
    ここまでは、お家でできるストレス解消方法が多くありましたね。お家にいないで積極的におでかけする!という人も、たくさんいたんですよ。

  • ママ・20代
    宮崎県

    とにかく家の外に出ます! 私の場合、家にいるとどうしても家事がしたくなったり、PCや本を見たくなったりしてしまい、 それができないことにイライラしてしまうことが多いので、とにかく子どもの相手をするしかない場所に出ます。
    1人になりたいときは公園など、大人と話がしたいときは児童館などママ友さんに出会える場所。
    そうすると子どもはむしろ私に寄り付かず、勝手に遊んでくれることが多いので気持ちにゆとりができてよいです。
    べったり一緒に遊ぶのもいいけれど、遠巻きに眺めるくらいが可愛く思えることもありますよね。

  • ママ・30代
    奈良県

    ベビーマッサージ、ベビーダンスなど、子どもと一緒にできて、しかも自分の気分転換になることを積極的にすること。
    家から出ると、気分が変わるし、色んな人と子どもを出会わせることもとても良い刺激になりました。

  • ママ・30代
    愛媛県

    とにかく外に出る!!!公園に行ったり、池の鯉に餌をやりに行ったり、お散歩したりしましたよ。 家の外だと怒る回数じたい減るし、子供も楽しめてよかったです。

  • ママ・40代
    静岡県

    お買い物に出かけます。
    少し遠くのスーパーへ、徒歩で。
    川沿いの遊歩道を歩いて景色を眺めながら歩きます。
    自分だけの秘密のおやつを買って、内緒で食べます。
    子供達が帰ってくる頃までには、笑顔でいたいので(^^)

  • ばぁば・50代
    新潟県

    子育てサークルや育児支援センターへ出かけてみませんか。今はどこにでもあると思いますよ。市区町村へ聞いてみてください。
    保育士さんやボランティアさんがいて相談にのってくれたり、絵本の読み聞かせや手遊びで楽しく遊べたり、 ママたちとの交流のなかで「悩んでいるのは私だけじゃないんだ」ときっと思うはずです。
    外に出て人と話をすればストレスも軽減すると思いますよ。

  • ママ・40代
    神奈川県

    狭いアパートの中では腹が立つことが次から次へと起こりがち。できるだけ、児童館や公園のような安全で子供を叱る必要のない場所にいくようにしています。そうすると、1、2時間とりあえず平和なひとときが。

  • ママ・30代
    岩手県

    仕事が休みの日なら、一人きりで買い物に出かける。1時間か2時間だけですが、自分の欲しい物だけを見る。
    子育て川柳を読む。みんな同じく大変なんだなと思い、頑張れる。

  • ママ・40代
    千葉県

    ストレスを溜めないコツは、「場所をかえる」です。屋内にいるなら屋外へ。子どもが就学前までは、午前と午後に必ず散歩に出ました。 近所の図書館や公園には歩いて、少し遠い公園へは車で。ストレスは買い物。 スーパーで「触るな、騒ぐな」を好奇心いっぱいの子どもに無理強いするのは、母子ともにストレス。ものすごい勢いで買い物を済ませました。
    困るのが雨天。3才、1才の子と私、3人で新聞紙をビリビリに山のように破いたり、新聞紙を体に巻いてロボットごっこをしました。
    反抗期を迎えた今、思い切って家族を置いて一人旅に出てみました。せっかく一人気まま旅なのに、家族へのお土産ばかり買い込みました。 (結局、母親という役目から逃れられないですよね(笑)

  • ママ・30代
    大阪府

    うちに籠らないこと。お出かけをしたり、友達や保育士さんと話をして育児の大変さを共感してもらう。

  • ママ・30代
    東京都

    「ひよこクラブ」や素敵なママがたくさん載ってる雑誌はなるべく見ないようにして、2CHの「育児が大変!」みたいなサイトを見て、 「うちだけじゃなかったんだ」とホッとしてました。
    今は息子も4歳になり、ある程度の会話はできるので、たまに二人でデートをします。 と言っても、チェーン店の喫茶店でジュースと珈琲を頼んで「おいしいね」とか言い合うだけなのですが、ちょっとホッとします。 人の淹れてくれた珈琲はとても美味しいのです。そこで仮面ライダーについて話し合う、、、気分転換になります!

  • ママ・40代
    静岡県

    親が楽しいと思うことを子どもといっしょにする。これに尽きると思います。
    私自身、絵本が大好きだったので、自分の好みで絵本を選び(ずっと海外で子育てをしていたため、 絵本ナビで情報を集めながら)、みなさんのレビューを読んでいる時間も、日本からいつ届くかと 待ちわびる時間も、 ストレス解消になりました。そして、子どもといっしょに絵本を開く時間が、まさに至福の時でした。 自分自身が絵本を読むのが苦痛だと感じていたとしたら、子どもにも絵本の楽しさは伝わらなかったでしょうし、 逆に、ストレスを溜める結果になっていたことと思います。
    親子でいっしょに楽しめることが1つ増えるたびに、 イライラの要因が1つ減っていくような気がします。

  • ママ・30代
    愛知県

    大好きなおやつを常に用意して、イライラしたら、子どもに隠れて(キッチンなどに)おやつを口に入れちゃいます。そこにコーヒーも用意したら、気分は復活です!

  • ママ・30代
    埼玉県

    あらかじめ大好物のお菓子を買っておき、イライラするたびに自分への報酬としてお菓子をちょっとつまみ食い!
    お菓子と一緒にイライラ虫を食べてしまえ~!極めると次のイライラが待ち遠しくも(笑)。

  • ママ・20代
    群馬県

    自分のテレビの時間を確保する事。
    子供に隠れてチョコレートを食べる事。
    自分へのご褒美がストレス発散の醍醐味だと思います。

  • ママ・30代
    青森県

    考えすぎないで、体を動かす。

  • 編集部T

    そうそう、家にいて子どもとしか向き合えないと、お互いにイライラするという悪循環。外の風を吸うだけでも、ちょっと気持ちが切り替わるものですよね。
    Sさん、どう?想像できる・・・?ギャンギャン泣いたり、ヤダヤダ言い続ける子どもと、ずっと部屋にこもらなくてはならない自分・・・。

  • 編集部S

    そ、想像してみます…うーん、いったいどんな感じなんでしょう…?大好きなおやつを食べるって私もよくやってます。

  • 編集部T

    想像をはるかに超えますよ(笑)。
    ママだけのこっそりおやつは、私も!子どもの知らない高級スウィーツ(コンビニ)をこっそり忍ばせて、ひそかに食べる幸せ、 ふふふ・・・ただもれなく体重も付いてくるのであまりおススメはできません。
    そうそう、こうした子育てのストレスを、ポジティブに前向きにとらえる人が多かったのも意外でした!

  • ママ・30代
    北海道

    只今、2歳6が月、魔の2歳児、驀進中・・・。 言葉がしっかりしてきただけに、要求もしたい事もはっきりしてきました。 注意をしても『はいはい。すいませんねぇ』(笑)なんて、おちゃらけてみたり。。。
    1歳半から2歳3カ月くらいまでは、特にイヤイヤ期が激しく、私もいっぱいいっぱいになることがしばしばあり、 子供と2人での外出は苦痛でしたが、ある時、夫に『それはそれだけママを信頼して、ママに安心して自分をだせているからだよ』と言われ、 ハッとし、それからは、わがままを言われても、自分に甘えているんだなぁ。思い切って、赤ちゃん扱いしてみよう!! と考えや対応を変えたら、子供のわがままも落ち着いてきました。
    満たされない気持ちが、子供の中で、グルグルにからまって、 イヤイヤになっているのだと思います。それでも、いっぱいいっぱいになることもありますが、 今しかないこの時期を、大事に過ごしていきたいですね(^^♪

  • ママ・40代
    東京都

    小さいときは病気ばかりで大変だったせいもあり、今は、わがまま言いたい放題の娘ですが、元気であるだけでそれが一番!!と思えばストレスにならない気がします。

  • ママ・40代
    兵庫県

    “子は親の鏡”です。
    イライラして子供に八つ当たりすると、子供も同じような口調で兄弟で些細なことで言い争ったりするのを見てハッとさせられました。
    大事な大事なかわいいわが子が心豊かに育ってほしいと願う気持ちを常に意識しました。
    とくに食事時にはお小言は一切禁止、楽しく食事ができるよう注意してます。
    カッとなったら一息呑み込み冷静になってから叱るようにしてます。
    イライラは自分にも子供にも得にはなりません。
    子供の笑顔を絶やしたくないです。

  • ママ・40代
    東京都

    子どもが幼稚園の頃、「まあ、いいか」「こんな日もあるさ」を心の支えにしていました。親の思い通りにならなくても、健康ならいいかな、、、と。子どもは高校生になりまたが、私は今でも「まあ、いいか」とつぶやく日々です。

  • ママ・40代
    大阪府

    【理不尽なダダをこねる時】子どもは泣くことで、ストレスを発散させると聞いたことがあります。 泣きわめいていても、ストレスを発散しているんだなぁ…と思って、ある程度は流すようにしています。 でも、我慢の限界が来たら、こちらも感情的になることも。手をあげない、人格を否定するのではなく行動を叱る、 このルールさえ守っていれば、多少ぶつかり合っても、我が家では後をひきません。 親だって人間、時には子どもが理不尽と感じることがあってもいいかなって思います。 親も子も、その場で発散!
    【勉強や生活面で思うようにならないとき】完璧な人なんて、いないに等しい。 いいところだってあるし、できないことがあってもいいやって思うようにしています。元気に成長してくれるのが一番。 欠点ばかり探すのではなく、いいところを見るように心がけてます。 いいところを見つけたら、めいっぱい褒めてあげると、嬉しい気持ちが好循環となって、自分から色々してくれるようになりました!

  • ママ・40代
    大阪府

    1歳の息子には2ヶ月から読み聞かせをしているせいか、現在「絵本読み地獄」になりつつあります。1日に40回は読まされる状態・・・。「あー、めんどくさい!」と言いたいけれども、「絵本を息子と自分のために読む」と考えてからはストレスが溜まらなくなりました。

  • 先生・50代
    新潟県

    子どもは失敗の中から経験するものです。
    自分を中心に考えず、子どもを中心に考えるようにしましょう。
    いらいらしても「待つ」心を持つ、案外リラックスできるものです。

  • ママ・30代
    千葉県

    相手はまだほんの小さな子どもだということを思い出して、いろんなことを要求しても無理なんだと力を抜いて、今はできないことも一生できないわけじゃない、ゆっくりやっていこうと思うようにしています。

  • ママ・30代
    埼玉県

    つい・・・子供に対して「イラッ」としたり自分も感情的に怒ってしまったりすることがありますが・・・、そんな時、「相手は子供だ」と、気がつくと、自分も子供になってみます。
    怒鳴ったりして怒っていたのを、子供みたいに「もぉ~、ママもヤダヤダ~!」と、駄々こね風に言ってみたり。
    「プンプン!」と、声に出すと(擬態語で表現しているんじゃないですよ、ちゃんと「ぷんぷん」と声に出してみてね)、なんだか不思議に楽しい気分になってきます。
    子供も・・・つい笑ってしまって、場が和やかに(^^) 「ぷんぷん」って言ってみると、いいですよ。

  • ママ・30代
    兵庫県

    友達に「そういう時期はおさるのジョージの話に出てくる黄色い帽子のおじさんみたいにドンと構えて、 子供のすることにいちいち動じないようになるとおおらかに過ごせる」と聞いてなるほどと思いました。

  • ママ・20代
    埼玉県

    イラっとした時はこどもの笑顔が一番癒されます。なので、自分の心に余裕がないと感じたときは、 子どもが笑う鉄板の変顔をして子どもと一緒に笑います。そうすると、心がふわっと軽くなってリフレッシュ!

  • ママ・30代
    神奈川県

    仕事と家事と育児・・と日々いろんなことに追われ、子供の些細な言動にイライラしてしまいがちです。つい忙しく時間を気にしてイライラしがちなので、なるべく時間を気にせず時計に縛られない生活を心がけています。出来なければ出来なくていいや~という気持ちで、夕方家に帰ってからは子供と一緒にテレビを見たりゆっくりお風呂に入ったり、贅沢に使える時間を増やすことでストレスが減りました。

  • その他の方・50代
    山梨県

    なかなかおむつが取れなかったり、言うことをきかなかったり。そんな時、「まぁ、一生こうじゃないから。今だけ。うちだけじゃないから。」と思いながら、ひたすら子の成長を楽しみにしました。絶対成長していきますから。老人の介護の辛さとは雲泥の差ですよね。それでもどうしても辛い時は自分にちょっとしたご褒美(おいしいものを食べたり、欲しいものを買ったり)をあげるようにし、堪え忍びました。

  • ママ・40代
    海外

    「母の友」や、「edu」などの子育ての専門誌を読むと、他人の意見を知ることができ、しかも専門家なので、冷静に受け入れることができる。 ので、時々頭を冷やしています。
    そして、ちょっと離れて傍観者的に子供を眺めたり(実際に珈琲を淹れて飲みながら傍観することもあり)、 近所の子の家で遊ばせてもらっている間に、自分は自宅で他の用事を済ませたり、 子供が幼稚園に行っている時間を家事だけでなく自分の時間に当てて、リラックスしたり。

  • 編集部S

    イヤイヤ期ってこんなにもママたちを悩ませてるんですね…!先輩ママたち、尊敬します!
    子どもの気持ちに寄り添うのって、とっても難しいことなんだと知りました。 

  • 編集部T

    そもそも子どもは甘えてわがままいっぱい言って泣いて・・・ 「そういうものなんだ」ってちょっと客観的に見ることができると少し気持ちが楽になるものですよね。
    あと「元気が一番、笑顔が一番」はその通り。子どもが病気した直後なんて謙虚に実感するんだけど、 復活するとまた「こらーっ!」を連呼する日々。学習しないなぁ、私。

  • 編集部S

    お子さんに対する声かけひとつで、ストレス漂う空気が変わるんだな~と感じるコメントもたくさんありましたね。
    「プンプン!」と声に出して怒ってみるのは、私もやってみたい!?(笑)

  • ママ・30代
    茨城県

    こどもは言うこと聞かないし、パパは帰りが遅く休みは寝てばかりで戦力になりません…。
    そんな私のストレス解消法は子育て川柳を作って投稿すること。 こどもむけ雑誌やWEBサイト、NHKの「すくすく子育て」という番組などで募集しています。 私は何度か採用され図書カードや記念品をいただきました。
    ストレスを解消して商品までもらえるなんて、こんなラッキーなことはないですね!

  • ママ・40代
    東京都

    子供にストレスをためる時は大体にして自分がやりたいことがあってもできなかったりした時 という前提で・・・ためないコツを伝授します!!
    「まず子供にも熱中できるものをさしだそう」 ママが集中してやりたいことがあるときは子供にだってやりたいことを見つけてあげようということ。
    簡単なようですがなかなか見つけられないというママにもう一つ伝授 「隠し種をもとう」 おもちゃや空き箱絵本だってなんでもいいんです。 子供って新しいもの好きだからいつもは使わせないようなアイテムを普段はみせないでここぞという時に出す。これが「隠し種」です。
    いかがでしょうか?意外とスムーズにいくものですよ!! ストレスになる前に隠し種の収集をしてみてくださいね。

  • ママ・30代
    島根県

    ついつい子どもと一対一だと腹が立つので、少し距離を置いて時間を置いてみる。 そうすると、結構笑えてきたり、変なことしてるなーって客観的に見るとイライラしないことがあります。 思い切って外に遊びに出たりすると部屋の中ぐちゃぐちゃでも、気分が晴れます。
    きっと自分がストレスがたまっているから子どももストレスがたまって悪い子しちゃうんだと思うので、まずお母さんがストレス発散しましょう! すると子どもも嬉しいはずです。

  • ママ・20代
    千葉県

    笑顔を引き出す!!!遊びを考える♪そのために、ネットサーフィン・図書館はかかせません~~。 色々ありすぎるとおもうのですが、0歳・3歳の息子どちらにもいえることは、身体をつかう遊びはどっちにもウケがいいみたいです!!! 一緒に笑うと癒されます!

  • ママ・30代
    東京都

    社会福祉協議会の子育て支援サービスを利用して、近所のボランティアの方に子供を預け、 少し子供と離れる時間をつくっています。
    集団生活の一時預かりとは違い、1対1でみてくれるので、すぐに慣れ、子供も楽しみにしています。(1才から利用し、今2才5か月)
    http://www.setagayashakyo.or.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=29
    あとはイライラしたら、 何でも歌にする、また、関係なくテレビで好きな番組を見て過ごす。
    (子供が関心のないような娯楽番組)、 というのも効き目ありです。

  • ママ・30代
    静岡県

    おむつ替えや着替え、外出時の支度などなんでもないことだけど、 子どものペースに合わせているとイラっとくることがあります。
    そんな時、子どもに「お願い」してもらっています。
    「ママに可愛くお願いして」そういうと、子どもがかわいく「おむつ替えて☆」と言ってくるのでこちらの気も紛れてしまいます。

  • ママ・40代
    鹿児島県

    写真。
    特に我が子が小さい時の写真を見る。
    我が子の笑顔を思い出して元気がわいてきたら大丈夫。
    子どもの成長を感じることができたら大丈夫。
    我が子の笑顔を見ても心が動かない時は、一人で悩まずに、信頼できる身近な人、専門家に相談すべし。

  • ママ・30代
    北海道

    イライラしたら鏡の前に10ヶ月の娘を座らせて色んな帽子をかぶせて可愛い~♪と着せ替えて遊んでます。
    子供の可愛い姿を見ると気分が落ちつくのでおすすめです。

  • ママ・30代
    千葉県

    2歳の子供の言ったセリフや笑い方など真似すると、ケラケラ笑うので、どんなに腹が立ってもこちらも笑ってしまいます。

  • ママ・40代
    大阪府

    魔の2歳児、イヤイヤ期を乗り切る方法。それは意外に簡単です。
    何でも「イヤ!」という子どもの言葉を真に受けないこと。 「どうして嫌なの?」「文句ばかり言わないの!」と親がけんか腰で対応すると、 子どもの「イヤ」はエスカレートする一方で、どうしようもなくなります。
    ですが、「ホント、嫌よねぇ。」「やりたくないよね。」と相づちを打って、言葉の上で共感すると、 子どもの「イヤ」という態度は不思議にトーンダウンしていきます。 その隙に、行動は、サッサと親のペースで進めていました。

  • パパ・40代
    埼玉県

    ストレスで子供にあたってしまうと、さらにへこむ。そこで子供に対し、どんなことでもしゃべった後には必ず笑顔を無理にでも作る。
    なんか、自分のイライラも少し解消してしまいます。

  • ママ・40代
    東京都

    2歳の反抗期真っ盛りの娘がいます。お互いのストレスを減らすために考えたのが「怒るよ予告」です。 3回注意したら怒るということにしたら「ママもう3回言ったからね」という言葉で子供が反応するようになりました。
    つまり、3回までは言われても言うこと聞かなくても怒られないから子供も一応好きにやれる時間はある。 ママは3回までは大目に見ようと思えるのでその分ストレスが減る。というわけです。あとはカウントダウンも取り入れています。
    お互いに少しだけ時間の猶予を持つことでちょっとだけストレスがへっているような気がします。

  • ママ・40代
    東京都

    私の場合、仕事をしていたおかげで、オンとオフの切り替えができたことが、ストレスをためない秘訣だったように思います。
    別な人間関係の中で、笑ったり騒いだりできる場があったおかげで、子供と一緒に過ごす時には、逆に、子供としっかり向き合って、子供の気持ちに寄り添うことを、心がけることが出来ました。
    あと、先生や親など子育ての相談やヘルプをしてもらえる人がいることは、子育てには不可欠なことだと思います。
    一人で抱え込まず、みんなで子育てできるような環境って絶対に必要です。
    ただし、甘えるだけでは駄目。
    やってもらって当然という勘違いは、子供にも悪い影響を与えます。
    助けていただいた人には、常に感謝の気持ちを忘れず、相手に何かあった時には、必ずお返ししようという真摯な気持ちをもってお付き合いすることが、大切だと思います。

  • 編集部T

    「怒るよ予告」!これはかなり新しい!カウントしながら、子どもも自分もちょっと冷静になれるのね。でもタイムリミットがきたら・・・ドッカーン!

  • 編集部S

    ぎゃー!!怒られたー!(笑)
    「子育て川柳」を書いて投稿する方もいましたね。育児の間に自分の「楽しみ」を見つけることも大切なんですね。
    子どもの写真を見て元気を取り戻すというのも、すてきな方法です。小さな頃の子どもって、みんなかわいい!

  • 編集部T

    ホントに!あとやっぱりママ自身のストレス解消が、すごく効果あるんですよね。育児は24時間、どんな人だって時には疲れちゃうもの。
    みなさん、いろんな解消法、持っているようですよ・・・。

  • パパ・40代
    千葉県

    自分の時間を作ること。早朝(4時頃)に起きて、静かな時にコーヒーを飲みながら隠してあるおやつをのんびり食べると、今日も一日頑張れます!

  • ママ・40代
    東京都

    私は自分の時間が持てないことがストレスの原因でした。
    やりたいことは沢山あるのに・・・。
    そこで、夜は子どもと一緒に寝てしまい、早朝起きるようにしました。
    静かな時間に一人でパソコン、家事、読書、仕事の準備など出来るようになると、気持ちに余裕が生まれて体調も良くなりました。
    ただ、起きて30分もしないうちに娘がドタドタと追いかけてきて「ママがいい~」と泣きつかれ、抱っこ…と言うこともしばしばでしたが(笑)。
    もうすぐ娘も6歳。
    育児の大変な時期を助けてくれた「早寝早起き」スタイルは、これからも私の定番として続いていくことでしょう。

  • ママ・30代
    東京都

    ストレスを翌日に持ち越さない。
    子供が寝たあと、趣味のハンドメイドやちょっと美味しいコーヒータイムを楽しんでいます。
    夜早く寝かせるために、日中はなるべく体力を消耗させるべく、公園遊びに付き合います(笑)。

  • ママ・40代
    東京都

    「自分のための時間を持つこと」です。子供や預かってもらう人に気兼ねせずに、思い切って子供から離れてみると、 自分もリフレッシュして冷静になれるし、再会したときの子供の愛しさも増します。
    子供も離れるときは泣くけど、回を重ねるごとに成長していく。母親とは違う人と接するのも、子供にとっても刺激になると思います。

  • ママ・30代
    東京都

    子どもをなるべく早く寝かせて、夜の時間で自分の好きなことをしています。
    私の場合、お裁縫チクチクしてます。
    お父さんがいる時は一緒に晩酌ー。
    でもでも、とくに冬場は子どもを添い寝で寝かしているうちに、自分もついつい寝てしまいます。
    いっぱい寝ることも体と心にはいいかなー!?

  • ママ・30代
    東京都

    土日は子育て休業日として、子育てはパパ、家事は私と決めている。 公民館の託児付きサークルに月に2回通って、自分1人の時間を満喫している。子どもと一緒の時も家に引きこもらず、外出する。 子どもがグズって仕方ない時は、パパに電話して子どもに話してもらう。 パパに優しく諭されると子どももいうことを聞くし、自分もひと呼吸おくことで冷静になれる。
    子どものヤダヤダには、「そんなのママもヤダヤダ」と子どもの真似をして返してみる(笑)。いい親になろうとがんばらないことです。
    とにかく、1人で子育てするのではなくどんどん周りに助けてもらうとよいのではないでしょうか。 私は上記のことくらいしか思い当たりませんが、子育てで特にストレスを感じたことはありません。

  • ママ・40代
    東京都

    自分が読書が好きなので、子供にも絵本の読み聞かせをよくしています。でも、自分の読書時間が取れないとだんだんストレスが溜まって…。
    仕事もしているため、なんとか時間を捻出しようと考えて、朝早く起きることにしました。 夫も子供もまだ寝ている静かな時間、コーヒー片手に読書を楽しんでいます。前夜できなかった片付けや拭き掃除をすることも。 気がかりなことが片付くとスッキリするものです。 早起きといっても40分位、寒い日はできなかったりしますが…とにかく自分時間の確保が、ママ笑顔のコツです!

  • ママ・50代
    神奈川県

    小さいころは 子供が寝てからが 自分の時間
    泣き声が聞こえるように ドアを開け 一階のリビングに下りて 趣味三昧
    ママ友と お昼を持ち寄って 子供達は遊び 親達は 目で子を追いながら 話していた

  • ママ・40代
    福島県

    ストレスを溜めないコツは、イラッとして怒りたくなった時、まずは深呼吸します。
    そして頭の中で整理します。
    自分が子供のだった頃を思い出して、「私もお母さんのことイライラさせてたのかな?」って考えます。
    そんなこと考えるとだんだん落ち着きます。
    もうひとつの方法は、「わらべうた」を歌うこと。
    子供がなかなか泣き止まない時、歌うことで自分も落ち着くし、子供もおちつかせることができます。

  • ママ・40代
    東京都

    プチ逃避行と題して、会社をずる休みして、映画を観に行ったり、図書館で1日中本を読んだりします。最近はなかなか行けませんが。

  • ママ・30代
    愛媛県

    自分の時間がとれず、家族の世話ばかりに追われている時、イライラしちゃいます。
    そういうときは・・・とりあえず「好きなものを食べる」「夜中に起きて本を読む・録画していたドラマを観る」と、 とにかく自分のために使う時間を作ります。
    楽しみがあると、ちょっと大変なことでも頑張ろうという気持ちになれます。 自分へのご褒美は、家庭を上手く運営するための潤滑油です。

  • ママ・30代
    埼玉県

    何回言っても同じことを繰り返すことにストレスを感じる。溜めないコツは、できるかぎり好きなことをすること。

  • ママ・30代
    徳島県

    子供はわがままで甘えっ子と割りきって日々過ごしていますが、それでもストレスが溜まるときは、 周りに危ない物がないかだけ確認して、しばらく子供から離れて飲み物を飲んだりして気持ちを落ち着かせます。
    でも、子供がママ、ママと私をこれだけ頼ってくれるのも今だけと思って、私もこの時期を楽しみたいです。

  • ママ・40代
    東京都

    ①たまる前に脱出(又は外出)。特に行きたかったスポットへ(例えば東京駅、渋谷へ新しい電車を見に行ったり、帰りは話題のスイーツを買って帰る。
    ②子供が騒いで泣く時、一緒に騒いで泣く。(コレ結構、お勧めですよ。子供はびっくりして反省し、謝罪するし、自分もなんだかスッキリします。 でもしょっちゅうやってはいけません。)
    ③笑う。(くだらない番組で大笑いする、おやこ寄席を見に行く)
    ④単純作業。普段磨けないやかんや窓掃除で体を使う。(イライラも解消できるし、モノも綺麗になる一石二鳥)

  • ママ・30代
    長野県

    ストレス溜まっていると感じたら、以下のような行動を起こします。
    ①子供の寝かしつけをしながら、自分も眠る。ひたすら朝までぐっすりと。
    ②上の①をしたことにより睡眠不足解消した翌日の夜は、子供が寝てからひたすら、夜は自分時間。
    テレビをイヤホン使用して見たり、部屋の掃除を したり、新聞や本をゆっくり読んだり、日ごろやりたくてできないことをやる。
    ③上の②をして、部屋もきれいになったら、自宅に友達を呼び、子供は子供同士遊んでもらい、親はおしゃべり。話して笑うことが何よりのストレス解消です。

  • ママ・40代
    千葉県

    ●家事が進まなくて、イライラした時は「そんな日もある」といっそのこと諦める(=できそうにない時に無理にやらない)
    ●子どものわがままなどにイライラした時は、子どもの小さい時のアルバムやビデオを見る。
    ●子どもが寝た後に少しの時間でも自分の好きなことをして、明日のパワーへの糧にする。
    (私は手芸・コーヒー1杯・週末の飲酒) ・・・

  • ママ・30代
    海外

    日々の子育ての息抜きとして①子供が寝てからこっそり食べるオヤツ ②フラワーレメディーを親子で飲む(ダメ元でやったら結構よかったので) ③休みの日は家事を放棄してひたすらゴロゴロ(フォローは主人が) ④同じ悩みをもつ友達とのおしゃべりのどれかをすることでしょうか?
    平日の生活は時間の余裕がなく、そうなると心の余裕がなくなって悪循環になるので週末などゆっくりできる時は身体を休ませて充電。 最近頑張りすぎないことを心がけてます。
    あとは子供と一緒にやって自分も楽しい遊びをすると子供とコミュニーケーションもとれて良いです。 うちの場合、大縄、プールが盛り上がります。

  • ママ・30代
    京都府

    とにかく友達や兄弟に話を聞いてもらう。
    買い物に行くのは時間もお金もかかるので夜な夜なネット通販で好きなサイト見る。
    掃除や整理整頓を始める。
    子どもと一緒に体を動かす。
    無になってマルマルモリモリ~と歌いながら踊るだけでスッキリしたことも。

  • 編集部S

    わーっ、こんなにストレス解消方法があるんですね~!
    「自分の時間」を作る方法だけでも、自分が早起き、子どもを早く寝かせる、土日はパパに子どもの世話をまかせるなど、さまざまですね。

  • 編集部T

    そうそう、この「時間の作り方」に四苦八苦するんです。子どもを産んだ直後から、ママの時間は自分だけものじゃなくなっちゃうから。
    ちなみに私のストレス解消は、夜中に録画しておいたドラマを見まくること。 全てが吹っ飛びます。
    それからママ友など相談相手に気持ちを吐き出すという人もたくさんいました。誰かに聞いてもらうだけで、鬱々とした世界はガラッと変わるんですよね。

  • ママ・30代
    愛知県

    みんなに助けてもらう。そのためには、親や近所の人、先輩ママと仲良くなることです。いざという時に相談できる人がいると心強いですよ~!!

  • ママ・40代
    埼玉県

    たいしたことではないのですが、私はイライラ絶頂期の時、 「今、(自分は)イライラしている。イライラしている。イライラしている・・・・」 と自分が落ち着いてくるまで唱え、イライラしている状況を自分の中で、認めていました。 これをやり始めてから、感情的に子どもを怒ることが、少なく(笑)なりました。
    育児のストレスは、自分との闘いでもありますよね! 今、思春期に足を突っ込んだ娘から、痛い所をついた発言に対し、上記は冷静に返す為に生み出した方法です。

  • ママ・30代
    カナダ

    ミクシィで子供の同年代のコミュニティに参加していました。
    みんなで「子供が○○して大変だーー!」と言い合い、お互いにアドバイスをしたり、共感しあったりで自分だけじゃない! みんなそうなんだ!と勇気づけられました。

  • ママ・40代
    兵庫県

    家事がはかどってないのに「遊んで~」とまとわりついてくると、イライラッとしてしまうことが多いので、 夕食の準備など早め早めに取り組むようにしています。
    お昼寝中に準備してしまうとか、休日に下準備だけまとめてしてしまうとか、しています。

  • ママ・40代
    東京都

    たまに子どもの友達家族で、私自身が仲良しの人たちを家に呼んで飲み会をします。料理は料理上手な夫とママの持ち寄り。
    飲み物やほかの食べ物は持ち寄りです。ママ友とくだらない話でも好きな料理とお酒を手にワハハとするのは楽しくてストレス解消になります。
    いつも夫が頑張って手料理をふるまってくれるのも嬉しい!

  • ママ・40代
    大阪府

    子どもがまだ小さい時は、ママ友と自宅で持ち寄りランチをしました。 せっかく作ったご飯も、子どもの機嫌で、食べムラがあって、ついイライラなんてこともありました。 でも、お友達も一緒だと、遠足気分でモリモリ食べてくれました。
    後片付けが気になる方は、部屋にシートを敷いて食べると、汚れも気にならず、 雰囲気もまさしく遠足気分に♪ママ同士は、おしゃべりに花が咲いて、ストレスも解消できます。

  • ママ・40代
    秋田県

    親や先輩ママの体験談をよく聞いておきます。
    夜泣きや反抗期のことなど、前もって聞いておくとと、子供が泣いてもわがままを言っても、こんなものだと余裕がもてます。
    同年代のママ友はもちろん、先輩ママといろいろ話をすると、あまりストレスがたまりません。

  • ママ・30代
    兵庫県

    同じ年齢の子どもを持つおかあさんたちとしゃべる! こんなことあって、怒ってしまった・・一つ一つの行動にイライラする・・・など話すと、意外にみんな一緒! 子ども同士が遊んでる様子をみても、うちの子だけがこんなんなわけじゃない、年齢的にこういうものなんだ。。と思えます。 他の子よりできてることも発見できたりして、イライラが減少しました。
    あと、子どもをたまに旦那にあずけてでかけてみる。 やっぱり子どものことが気になり、かわいさが倍増!でかけて、気持ちもすっきりするしいい気分転換になりますよ。

  • ママ・40代
    茨城県

    子供の大好きなテレビ番組を見せている間、昼寝する。15分だけでもリフレッシュできる。 イライラは疲れているときに出てくるので、とにかく短い時間でもいいから寝る。
    自分が子供だった時を思い出すと、子供が何かやらかしても「どーしてそんなことするのー」じゃなくて「私の子供だから仕方ないかー」 という気持ちになる。もちろん怒ることは怒るが、ストレスはたまらない。

  • ママ・30代
    東京都

    子供に「ちょっとしばらく寝るから遊んでてね!」などと断って寝ます!

  • パパ・40代
    滋賀県

    寝不足にならないことが重要です。

  • ママ・30代
    東京都

    妊婦の時に、産婦人科で知り合った方から、笑いヨガの事を知りました。 詳しくはわからなかったけど、「嘘の笑いでも脳が勘違いして楽しくなる~」的な話だったので、 出産して、初めての子育てで、息子が泣き続けてる時はとにかく笑いました。イライラして忘れる時もあるけど。。。 それで幾分、楽になった気がします。
    そのおかげかはわかりませんが、息子もよく笑う子に育ってます。

  • 編集部T

    よく寝る、よく笑う。これも納得!お母さんが疲れてて険しい顔してたら、子どもも暗ーくなっちゃいますからね。
    ママの健康と笑顔が、子育ての要です!

  • 編集部S

    ママ友など相談できる人がいるってこともポイントなんですね!たくさんの方のコツ、エピソードを知れて、とっても参考になりました!

  • 編集部T

    Sさんにとっては、いつかママになった時に必ず役に立つお話だったはず!
    さて、今回は子育てのストレスを溜めないコツをテーマにお送りしました。
    また感想などお聞かせくださいね!(>>こちらまで dekiru@ehonnavi.net
    この企画、また続編もやりたいと思っています。その時はぜひ、みなさんもコメントお寄せくださいね!